カーボカウントな日々

血糖値を上げるのは炭水化物(カーボ)です。炭水化物さえ摂らなければ血糖値はほとんど上がりません。 今、世界の糖尿病治療は、食事の炭水化物をコントロールするカーボカウンティングが主流となっています。

呼び水はカーボに限る

2008 - 10/03 [Fri] - 21:22

昨日のタンパク質による呼び水実験ときちんと比較したくて、今日もまた、カーボによる呼び水実験をしてしまいました。

ここで、呼び水とは何かをもう一度復習します。

私の場合、炭水化物を摂ると食後1時間前後で血糖値がピークに達し、その反動でインスリンが出すぎるため、3時間前後で逆に低血糖気味になります。ですから、食後2時間ぐらいでデザートを食べても、ほとんど血糖値は上がりません。

この特性を利用して、炭水化物を大量に摂らなくてはいけないとき、その1時間とか2時間前に、少量の炭水化物を摂っておくと、血糖値のピークはかなり抑えられます。この食前に摂る少量の炭水化物を「呼び水」と呼んでいます。


今回、呼び水として使ったのは森永のクッキー。4枚でカーボ量約24gです。

クッキー

食前の血糖値は117mg/dlでした。クッキーを4枚食べ、1時間後に血糖値を測ると165mg/dl。やっぱりしっかり上がっています。これを呼び水にして、いつものマーガリントースト90g(カーボ量45g)をブラックコーヒーと一緒に食べます。

トースト

血糖値の推移はこうなりました。

血糖値推移

60分で下がったのはクッキー用のインスリンが効いてきたのでしょう。90分で再び上がったのは、トーストのカーボ吸収がピークを迎えたからかな。いずれにしても、食前の血糖値からほとんど上がっていません。カーボによる呼び水効果は明白です。


トーストだけの場合と、1時間前に呼び水としてクッキーを食べた場合のそれぞれの血糖値の推移をグラフにしてみました。

血糖値推移グラフ

確かに呼び水をした場合、血糖値のピークは抑えられます。しかしその分、高血糖の時間は長引きます。曲線下面積の比較ではほとんど変わりない感じです。グルコーススパイクが血管を痛めるという説からすると、呼び水でピークを叩いたほうがいいような気もしますし、高インスリン状態がいけないとすれば呼び水が必ずしも有利かどうかは判りません。

まあ、私はこれからも大量のカーボをとらなくてはいけないとき、状況に応じて使っていこうと思っていますが。


好奇心の赴くままに実験を繰り返していたら、血糖値もセンサー代も大変なことになってしまいます。ここらで本当に一休みしないと。





 コメント

お返事ぁりがとうござぃます気持ちばかりが 凄く焦ってしまってもっともっと 知識をつけなきゃダメですね

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

お久しぶりです

先日カステーラさんのブログを読んで、自分でも呼び水カーボを試してみようかと思い今日実験しました。

朝の時点で96mg/dl
呼び水用のチョコバー(カーボ20g)を10時に摂取
11時時点で168mg/dl
本題のチョコレートケーキ(推定カーボ50g)摂取
1時間後166mg/dl
2時間後126mg/dl
とほぼ予想通りの結果が出ました。
(不純な動機がばれるラインアップですねw)

1時間前に多少カーボを摂取することでピークが抑えられるならば、私も必要に応じて使いたいと思います。
これからも有益な情報をお待ちしております。

☆さん

人間、知識が恐怖を取り除いてくれるっていうのはあると思います。
あと、血糖測定器があれば、かなり安心感は違うんですけどね。

Sing2508さん

お久しぶりです。
貴重なデータの提供、ありがとうございます。

カーボ50gのチョコレートケーキで、ピークが160台って、まさに呼び水効果ですね。

糖尿病患者が、呼び水をしてまでカーボを摂ろうなんて、動機は不純に決まってます。(笑)
お互い、節度のある不良患者を目指しましょう。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

グルファスト

このブログでいろいろ学ばせていただいた者です。お陰様で、最近ようやくHbA1cが6を切りました。

さて、最近、医者がグルファストという薬をくれました。「たべる5分前に飲め」と。
調べたら、まさに呼び水と同じ効果の薬のようです。インスリン分泌促進剤で効果が短時間。食後血糖値を測ってみると食べ始めて1時間ほどは食前より下がり目になり、その後すこし上昇します(120~130台)。従って、作用時間は1時間前後と感じます。(食べ始めて10分後に飲むのがいいのかなとも思います。)また、この薬が効くことから、私の食後血糖値上昇の原因はインスリンの分泌不足てあり、インスリン抵抗の上昇ではない、と理解しました。
日常は、このような薬に頼る必要のない食事をしていますが、外食や、つきあいで糖質を摂ることになる場合に使用しています。私はコンビニおにぎり1個で220ほどに上がるのですが、これを飲んでいるとそのようなグルコーススパイクが出ません。こちらのブログでは薬を使うのは邪道かもしれませんが、ご参考まで。

コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://castela.blog104.fc2.com/tb.php/95-220158bf

-

管理人の承認後に表示されます

-

管理人の承認後に表示されます

 | HOME | 

プロフィール

カステーラ

Author:カステーラ
東京都在住、61歳。
2007年2月、糖尿病発症。
現在、服薬なしでカーボカウンティングという食事療法を実践中。
「カーボカウントってなに?」という方は、まずこちらから。

ヘモグロビンA1c(体重・BMI)推移
2007年2月:9.3%(64kg・22.9)
2007年3月:7.5%(62kg・22.2)
2007年4月:6.0%(60kg・21.5)
2007年5月:5.3%(58kg・20.8)
2007年6月:4.8%(57kg・20.4)
2007年7月:5.1%(57kg・20.4)
2007年8月:4.8%(57kg・20.4)
2007年9月:5.0%(58kg・20.8)
2007年10月:5.0%(57kg・20.4)
2008年1月:5.3%(56kg・20.1)
2008年5月:5.2%(56kg・20.1)
2008年7月:5.3%(55kg・19.7)
2008年10月:5.2%(58kg・20.8)
2009年1月:5.2%(58kg・20.8)
2010年7月:5.4%(58kg・20.8)





人気の糖尿ブログは
こちらに揃っています。
     ↓
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 病気ブログ 生活習慣病(成人病)へ

管理者ページ

QRコード

QR

最近の記事


▼全ての記事を表示する

最近のコメント

カテゴリ

月別アーカイブ

関連サイト・ブログ

ブログ内検索

RSSフィード

おすすめ書籍

●カーボカウンティング実践ガイド
日本人の医師と栄養士と患者が書いた、“初の”と言っていい真のカーボカウンティングガイド。どちらかというとプロ、マニア向け。


●低糖質食の威力
やはり糖尿病を発症したお医者さんの書いた本。なぜ糖尿病になった医師はみな、学会のガイドラインを無視してローカーボに走るのでしょうか?


●糖質ゼロの食事術
炭水化物(糖質)はほとんど摂らないというお医者さんの本。この程度の糖質量でも立派に生きていけるという意味では貴重な実録(?)。


●糖尿病専門医にまかせなさい
日本では数少ない、カーボカウントを推奨する糖尿病専門医の本。我々カーボカウンターの心の支えとなる一冊です。


●主食を抜けば糖尿病は良くなる 実践編
やはり2型糖尿病患者であるお医者さんの書いた本。炭水化物が血糖値に及ぼす影響を理論的にわかりやすく解説してくれています。


●毎日の食事のカロリーガイドブック
日常よく口にする食べ物のカロリーはもちろん、炭水化物量までが写真と共に明記された、カーボカウンター必携の一冊。


●カーボカウント完全ガイド
カーボカウンティングの本場、アメリカの糖尿病協会から出版されたガイドブック。カーボカウントのすべてがこれ一冊で分かります。


●わたしはこうして糖尿病患者を救っている
糖尿病で失明する患者を数多く診てきた眼科医が書いた本。高炭水化物食を平気で勧める日本の糖尿病医療を厳しく批判しています。


●糖尿病最初の1年
アメリカの2型糖尿病患者が書いた本。糖尿病の主治医は自分であるという発想がいかにもアメリカ的。カーボカウントと血糖自己測定を基本とした最強の患者学が語られています。