カーボカウントな日々

血糖値を上げるのは炭水化物(カーボ)です。炭水化物さえ摂らなければ血糖値はほとんど上がりません。 今、世界の糖尿病治療は、食事の炭水化物をコントロールするカーボカウンティングが主流となっています。

糖尿病1周年

2008 - 03/29 [Sat] - 14:28

去年の2月に糖尿病を宣告されて、一年が経ちました。先日、近所の掛かりつけ医院で、血液検査と尿検査をしてもらったのですが、すべて基準値内でした。

一年前のデータと比較すると非常に感慨深いものがありますが、これもすべてカーボカウントと出会うことができたお陰だと思っています。


カーボカウント ビフォア&アフターのデータ比較

血液データ
↑クリックで拡大します





 コメント

ご立派です!

お手本にして、私も頑張ります。
ところで、糖質を摂ったらすぐ元に戻るのでしょうか?
それとも、徐々に糖質を摂っても今の数字を維持出来るのでしょうか?
お教え下さいませ。

うちの主人も発覚1周年になる今年の12月には
カステーラさんみたいな立派な数字が出るように頑張りたいです(^^)
最近は早朝空腹時血糖値も100を切るようになってきました。
1食ごとのカーボ量をちょと増やしてみたりして試してみてます。
この4ヶ月、主人は元気によく動いてよく寝てコントロールが上手になってきましたが、
でも、サポートの私の方がオーバーフローおこして
胃炎と食道炎を併発してしまいました(-_-;)
来月からしばらく仕事をお休みして休養とります。
自分の健康管理ができないとはなさけないです・・・(-_-;)

モンチさん

糖尿病が発覚してから数ヶ月の間は、1回の食事のカーボ量はせいぜい30gほどでした。それ以上食べると血糖値は確実に200を超えたからです。

しかし今は1回で50gぐらい、多きときは70gぐらいとるときもありますが、それでも200は超えません。先日、付き合いでラーメン(推定カーボ量80g)を食べましたが2時間後の血糖値は140でした。私の場合、ラーメンは1時間後も2時間後もそうは差がないので、1時間値も大したことはなかったはずです。

あくまで私の場合ですが、数ヶ月間徹底したローカーボを続けたことによって、すい臓の機能も徐々に回復し、ある程度のカーボを摂っても大丈夫な体になったものと思われます。

現在は総カロリーに占めるカーボ比は40%ほどですが、これを維持する限り血糖値もこの程度で推移するんじゃないかと思います。

ただ、加齢による膵機能の低下もあるわけで、5年後、10年後もそれが続くかどうかはわかりませんが。

GUMIさん

朝の血糖値が100を切り始めたなんてすごいじゃないですか。私なんか未だに100は切れません。

最初はある程度のカーボ制限をするにしても、食後血糖値の様子を見ながら徐々にカーボを増やすことも必要かなと思います。人間、使わない機能は徐々に衰えるものです。骨折した足をかばいすぎて、一生車椅子じゃつまらないですから。

GUMIさんのサポートには本当に頭が下がりますが、糖尿病とは一生の付き合いですから、どうかペース配分には十分注意してくださいね。頑張りすぎて燃え尽きて、捨て鉢になった人、何人も見てますから。

カステーラさん

昨年の晩秋の頃からこちらを見させていただいておりました。
僕は宣告が昨年の5月の終わり頃でした。
最初は絶望的な気分で闇雲に食品交換表と首っ引きでカロリー制限の食事療法を続けていましたがこちらや江部先生、YCATさんのブログを知り同世代の方々が先進的な食事療法を実践されているのを見て励まされました。12月からは自分なりの糖質制限食を続けています。僕は自分で調理しますので今は蒸し野菜を主食に豆腐納豆あつあげ肉類などを副食にしています。一食の食費は100円ぐらいです。食べ盛りの子供たちがいますので妻には迷惑はかけられません。一日のカーボ量の平均は130ぐらいです。それでも食後ほぼ2時間血糖値は219から112にHbA1cは9.1から5.0へ下がりました。農家から分けていただいた玄米が30Kあるのですが最近はちっとも減りません。
みなさんのブログのおかげで本当に気が楽になりました。今は楽しい糖尿生活です。体重の変化や血糖値の変化が面白いのです。

GUMIさん、お体に気をつけて頑張ってください。僕は蒸し野菜を主食にしていますがいろんな野菜をざくざく切ってざるごと蒸し器に入れるだけです。2分半で出来上がります。300gも食べればお腹がいっぱいになります。今は春キャベツが甘くておいしいです。そろそろ山菜の季節なのでこちらも楽しみです。

カステーラさん 一年でこの結果とはお見事ですね。僕は食後一時間の血糖値が高いときもあるのでカステーラさんを見習って頑張りたいと思います。

tetug3さん

はじめまして。
コメントありがとうございます。

> みなさんのブログのおかげで本当に気が楽になりました。

確かな戦略をもって臨めば、糖尿病はけして怖くないということを多くの人に知ってもらうためにこのブログを始めたようなものなので、そう言っていただくと本当に嬉しいです。

A1cが9.1%→5.0%とのこと。素晴らしいですね。
最近、いろんな患者の病態を見るにつけ、糖尿病というのは最初の半年とか1年がとても大事なような気がしてきました。この時期に十分な管理を怠って、漫然と高血糖状態を続けると、あとでどんなに頑張っても、なかなか改善しないようです。そういう意味でも、発症当初にカーボカウントと出会えた私たちは幸せなのかもしれません。

カステーラさん

すばらしい数字ですね。
自分も一年後には、たまにはラーメンが食べられるくらいにはなりたいものです。
今は一食30gが限度かな…そのくせあんぱん食べたりしてますがw

最近は体重の減少も止まってしまって、70kgあたりをうろうろしています。もう少し痩せないとだめですね。
痩せてBMI落としてラーメンに挑戦できるまでがんばります。

うらやましい限りです

γ-GTPもいいですね~

それはそうと、江部先生のブログのコメントで、しっかり名前が出てましたね。

対処が早いに限る

カステーラさんは発覚してからスグに対応されて、血糖をコントロールされたので
本当に良かったと思います。

疲れていた膵臓君が元気に回復されて・・・

私のように病歴も長く、今のようなネットのない時代~情報はなく
ただただ~経口薬の深みにはまり抜け出せない~そしてインスリン。
今では自己分泌もあんまり出てない~私は離脱は無理なようで回復しませんでした。
残念ながら・・・

そんな時代は終わりです。
これから発症される人達は、予測も出来るし予防はもちろん
発病してスグに対応すれば取り戻せるでしょうね。

やはり糖質にたいする正しい知識を普及させるのが良いのでしょう。
知らないで誤解されている人多し。
医療従事者~なんとかならないでしょうか?

sakeoni1616さん

出てましたね。
嬉しいような照れくさいようなです。

ちょここさん

ちょここさんとか、すずらんさんとか、病歴の長い人をみると大変だなぁと思います。

糖尿病が発覚したら、薬で膵臓に鞭打つのではなく、まず休ませるってことが大事だと思うんだけど、お医者さんはなかなかそれをさせてくれないですね。きっと製薬会社がそれをさせたくないんでしょうね。学会トップのメンツもあるのかな。

まあ、そんなことで命を縮められてはたまらないので、患者が自分で勉強したり実践したりしなければいけないのでしょうが。

最近のメタボ狂騒もカロリーだけじゃなく、カーボにもちょっと注意を払うだけで、かなり予防効果があるはずなのに。まったくなんとかならないでしょうかね。



Sing2508さん

ラーメンのカーボ量ってたしか70gぐらいのものです。しかも、中華麺はパスタと同じく吸収が遅いので、同じ量の米飯やパンと比べると食後のピークはかなりなだらかですよ。

体の脂肪を落として、筋肉をつけて、肝臓の脂っぽさを解消すれば、それだけで耐糖能はかなり良くなります。そのためにもローカーボと運動ですよね。

頑張ってください。


コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://castela.blog104.fc2.com/tb.php/77-4d9328b2

 | HOME | 

プロフィール

カステーラ

Author:カステーラ
東京都在住、61歳。
2007年2月、糖尿病発症。
現在、服薬なしでカーボカウンティングという食事療法を実践中。
「カーボカウントってなに?」という方は、まずこちらから。

ヘモグロビンA1c(体重・BMI)推移
2007年2月:9.3%(64kg・22.9)
2007年3月:7.5%(62kg・22.2)
2007年4月:6.0%(60kg・21.5)
2007年5月:5.3%(58kg・20.8)
2007年6月:4.8%(57kg・20.4)
2007年7月:5.1%(57kg・20.4)
2007年8月:4.8%(57kg・20.4)
2007年9月:5.0%(58kg・20.8)
2007年10月:5.0%(57kg・20.4)
2008年1月:5.3%(56kg・20.1)
2008年5月:5.2%(56kg・20.1)
2008年7月:5.3%(55kg・19.7)
2008年10月:5.2%(58kg・20.8)
2009年1月:5.2%(58kg・20.8)
2010年7月:5.4%(58kg・20.8)





人気の糖尿ブログは
こちらに揃っています。
     ↓
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 病気ブログ 生活習慣病(成人病)へ

管理者ページ

QRコード

QR

最近の記事


▼全ての記事を表示する

最近のコメント

カテゴリ

月別アーカイブ

関連サイト・ブログ

ブログ内検索

RSSフィード

おすすめ書籍

●カーボカウンティング実践ガイド
日本人の医師と栄養士と患者が書いた、“初の”と言っていい真のカーボカウンティングガイド。どちらかというとプロ、マニア向け。


●低糖質食の威力
やはり糖尿病を発症したお医者さんの書いた本。なぜ糖尿病になった医師はみな、学会のガイドラインを無視してローカーボに走るのでしょうか?


●糖質ゼロの食事術
炭水化物(糖質)はほとんど摂らないというお医者さんの本。この程度の糖質量でも立派に生きていけるという意味では貴重な実録(?)。


●糖尿病専門医にまかせなさい
日本では数少ない、カーボカウントを推奨する糖尿病専門医の本。我々カーボカウンターの心の支えとなる一冊です。


●主食を抜けば糖尿病は良くなる 実践編
やはり2型糖尿病患者であるお医者さんの書いた本。炭水化物が血糖値に及ぼす影響を理論的にわかりやすく解説してくれています。


●毎日の食事のカロリーガイドブック
日常よく口にする食べ物のカロリーはもちろん、炭水化物量までが写真と共に明記された、カーボカウンター必携の一冊。


●カーボカウント完全ガイド
カーボカウンティングの本場、アメリカの糖尿病協会から出版されたガイドブック。カーボカウントのすべてがこれ一冊で分かります。


●わたしはこうして糖尿病患者を救っている
糖尿病で失明する患者を数多く診てきた眼科医が書いた本。高炭水化物食を平気で勧める日本の糖尿病医療を厳しく批判しています。


●糖尿病最初の1年
アメリカの2型糖尿病患者が書いた本。糖尿病の主治医は自分であるという発想がいかにもアメリカ的。カーボカウントと血糖自己測定を基本とした最強の患者学が語られています。