カーボカウントな日々

血糖値を上げるのは炭水化物(カーボ)です。炭水化物さえ摂らなければ血糖値はほとんど上がりません。 今、世界の糖尿病治療は、食事の炭水化物をコントロールするカーボカウンティングが主流となっています。

起床時血糖値と食後血糖値

2008 - 03/18 [Tue] - 15:37

ここ1・2か月、起床時の血糖値がじわじわと上がっています。直近2週間の平均値は125mg/dlでした。この数値だけで、糖尿病確定です。ちなみに、1月の平均が109mg/dlですから、かなりの上昇率です。

一方、食後1時間の血糖値は着実に下がっています。直近2週間の平均が121mg/dlですから、この数値だけをみれば、糖尿病でもなんでもありません。しかも、起床時の平均血糖値を下回るという怪現象ぶりです。

思い当たる節はいろいろあるのですが、一番怪しいのが食事のハイカーボ化です。

現在のところ、毎食、30g~80gほどの炭水化物を摂っています。1日のトータルでは200gは下らないと思います。カロリー比で40%から下手したら50%ってところでしょうか?

1年にわたるカーボカウントで膵臓は元気を取り戻し、カーボに応じたインスリンの追加分泌はうまくなったけど、その分、基礎分泌がおろそかになってるのかもしれません。だとしたら、夜の基礎分泌量を確保するため、昼間のインスリン分泌を節約する作戦が有効かも。

ということで、今日からまた、1日100gのローカーボ生活を始めました。期間は1週間、結果はどうなりますやら。





 コメント

摩訶不思議

不思議ですね、食後1時間値は健康な人そのものですね。
実験の結果が興味深いです。

YCATさんからの情報の翻訳ありがとうございました。
子供が寝たので、さて読むぞ~と思ったところにカステーラさんの
翻訳が届いていました。とても助かりました。
辞書探しから始めるところでしたから!

空腹時血糖、甲状腺ホルモンへの影響・・・
「炭水化物の量」って侮れないのですね。
適正な量って人それぞれでしょうし。

トキコさん

ほんとに変な血糖値でしょ?
でも、昨日1日カーボを極端に減らしたら、今朝の血糖値は108でした。
ここんとこ、120台、130台が続いていたので、かなりの改善です。

ダイエットと甲状腺ホルモンについては、トキコさん自身が抱える問題ってことなのでしょうか?

一般的に食事(カーボ)の量を減らすと、甲状腺ホルモンの分泌も減少するようです。
体が代謝を落としてエネルギーの倹約にかかるからだと思います。
食べてないのにやせない原因はこんなところにもあるんでしょうね。

だからと言って、ローカーボ食が橋本病を引き起こすってことでもないとは思います。
過食がバセドー病を引き起こすとは言えないのと同じように。
ただ、ローカーボ食で甲状腺ホルモンが低下するなら、バセドー病には有効かなという気もするんですが、ネットをざっと見た限り、そんな食事療法は行われていないようです。




改善の気配

やはりローカーボで改善の気配なのですね、鋭い読みでしたね!
1週間の実験で確信がつかめたら、ローカーボ作戦続けるのでしょうか。

私は食後高血糖が嫌なので、最近は糖質制限にしてしまっています。
一方、甲状腺機能低下症を患っているのですが(ダイエットしたわけでは
ないのですが、妊娠中の食事制限が発症の原因・・・?)、
カーボを摂取するようにしたらこれが改善するかもしれない、
ということなんですよね。

また甲状腺機能低下症の治療にチラージンという薬を服用
していまして、この薬が血糖値を上げる可能性があるらしいのです。

となれば、甲状腺の方を改善させれば薬を飲まなくてもよく、
血糖値も少しは下げられるのかも・・・???

というような情報をYCATさんから頂いた次第なのです。

似たような状況ですが

こんにちは。

私もこの数日起床時の血糖値が高めなのですが、お酒の飲み方なのか、それとも一緒に摂るカーボ量が多いか、と考えていました。

昨日は休肝日にしたので、必然的に夜はローカーボにしましたが、思い切って昼食以降のカーボ摂取を10g未満にしてみました。

が、今朝の血糖値は110台で、微妙な結果に終わりました。

それにしても、食後1時間の平均が121ですと?
まったく、IDDMの風上にもおけませんね(笑)
経過とか似たような感じなのに、昼食後がしょっちゅう200を超えてる私としては、うらやましい限りです。

ほんと、インスリンの出方にも性格(個性)があるんでしょうか。

あ、間違えました

IDDMじゃないですよね。
使い慣れない言葉を使おうとすると、すぐこれですから…

はじめまして

糖尿病、ローカーボダイエットで検索して、カステーラさんのウェブにたどりつきました。今までの経緯のブログ、とっても興味深く拝見させていただきました!

私は現在妊娠糖尿病中のロサンゼルス在住の妊婦です。一人目のときは25週あたりからなり、残り3ヶ月ローカーボダイエット。『産んだらおにぎりとパスタとケーキとアイスクリームを食べるぞ!』と頑張りました。

そして現在二人目妊娠中。妊娠判明したところ(4週間)ですぐに自己測定器で検査、食後200を軽く超えていたので大急ぎで医者に行くと、やっぱりまた妊娠糖尿病と宣告されがっくり。またローカーボの日々を送っています。

今は一食10gが精一杯の状態です。高血糖は胎児に色々な影響を与えるので、自分だけの問題ではないので、血糖値管理は普通の糖尿病よりも厳しいです。でも低糖によるケトン体も同様に胎児に影響を与えるのでジレンマです。つわりの影響もありすでに5キロ痩せてしまったので、今回はもうそろそろインシュリンにお世話になるかもしれません。

私の亡くなった父も糖尿病だったのですが、その時は日本では一言も炭水化物・糖分が大敵だとは言われてませんでした。毎日カロリーの単位系計算をしながら食べてました。肉や野菜よりもご飯やパンや麺であっさりした食事が好きだったので、そのほうが父のためにはよかったかもしれませんが。でも毎日のあの食事のたびのカロリー計算の苦労が何の助けもしてなかったと知り、なんとなくやりきれません。

自分が糖尿病になり身を持ってローカーボを体験、前回の妊娠のときは毎食がテスト。これを食べたらこれだけ上がる、炭水化物でもそのうちファイバー(食物繊維)が入ってるから、これだけ食べてもいい、と。カステーラさんと同様でした(笑)

こっちでも医者からはやっぱりカロリーの食事制限も言われます。やっぱりこっちは食べすぎで太っていて糖尿病になる人が多いせいでしょうかね。でもその食事制限表には必ず食べていい(食べなければいけない)Carbも単位も書いてあります。こっちの妊婦は妊娠中に10~16キロ太らなければいけないので、渡されたのはなんと2500カロリーのダイエット表、毎食30gのCarb+スナック15gx2回!!そんなに食べれません(^^;

では、長くなってしまいましたが。また遊びに来させていただきますね~。

トキコさん

チラージンの添付書類を見てみましたが、特に血糖値を上げるような副作用はなかったですね。ただし、甲状腺ホルモンを補うことで食欲が亢進し、結果的に血糖値が上がるって言うのはあるのかな? それは結局、摂取カーボをコントロールしていくしかないんでしょうね。

YCATさんが教えてくれたサイトによると、1日のカーボ量が120gを下回ると、甲状腺ホルモンの分泌が低下し始めるとのことですから、ローカーボ食を続けるにしても、120gは確保するようにしたほうがいいのかもしれません。

しかし、人間の体って言うのは厄介なもんですね。

sakeoni1616さん

いずれブログの記事にまとめるつもりですが、ローカーボを意識したら朝の血糖値はてきめんに下がりました。ワインよりはるかに効きます。これは、前日のトータルカーボ量の問題なのか、夕食だけの問題なのかを今は検証中です。

食後1時間の平均が121ってのは出来すぎですね。不思議なことにローカーボを徹底したら食後の血糖値はちょっと高くなりました。この辺の原因もちょっと思うところがあるので、検証してみようと思っています。

てみさん

アメリカならカーボカウントに関する情報は豊富でしょうに、わざわざアジアの果ての糖尿病治療後進国の個人ブログにまでお越しいただきありがとうございました。(笑)

私の母も糖尿病ですが、食品交換表をにらみながらカロリー制限という名のハイカーボ食をずっと続けていました。お陰で網膜症を発症し、今はかなり眼が不自由です。決して肥満ではないので、医者がカーボ制限の重要性を説いてくれていたらこんなことにはならなかったのにと残念で仕方ありません。

それにしても1日10gのカーボはきついですよね。野菜と調味料だけでその程度になっちゃうんじゃないでしょうか? ドクター・バーンスタイン並みですね。あまり無理せず、インスリンを使うことも考えたほうがいいかもしれません。

今後の様子もぜひまた教えてください。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://castela.blog104.fc2.com/tb.php/76-aeafe311

 | HOME | 

プロフィール

カステーラ

Author:カステーラ
東京都在住、61歳。
2007年2月、糖尿病発症。
現在、服薬なしでカーボカウンティングという食事療法を実践中。
「カーボカウントってなに?」という方は、まずこちらから。

ヘモグロビンA1c(体重・BMI)推移
2007年2月:9.3%(64kg・22.9)
2007年3月:7.5%(62kg・22.2)
2007年4月:6.0%(60kg・21.5)
2007年5月:5.3%(58kg・20.8)
2007年6月:4.8%(57kg・20.4)
2007年7月:5.1%(57kg・20.4)
2007年8月:4.8%(57kg・20.4)
2007年9月:5.0%(58kg・20.8)
2007年10月:5.0%(57kg・20.4)
2008年1月:5.3%(56kg・20.1)
2008年5月:5.2%(56kg・20.1)
2008年7月:5.3%(55kg・19.7)
2008年10月:5.2%(58kg・20.8)
2009年1月:5.2%(58kg・20.8)
2010年7月:5.4%(58kg・20.8)





人気の糖尿ブログは
こちらに揃っています。
     ↓
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 病気ブログ 生活習慣病(成人病)へ

管理者ページ

QRコード

QR

最近の記事


▼全ての記事を表示する

最近のコメント

カテゴリ

月別アーカイブ

関連サイト・ブログ

ブログ内検索

RSSフィード

おすすめ書籍

●カーボカウンティング実践ガイド
日本人の医師と栄養士と患者が書いた、“初の”と言っていい真のカーボカウンティングガイド。どちらかというとプロ、マニア向け。


●低糖質食の威力
やはり糖尿病を発症したお医者さんの書いた本。なぜ糖尿病になった医師はみな、学会のガイドラインを無視してローカーボに走るのでしょうか?


●糖質ゼロの食事術
炭水化物(糖質)はほとんど摂らないというお医者さんの本。この程度の糖質量でも立派に生きていけるという意味では貴重な実録(?)。


●糖尿病専門医にまかせなさい
日本では数少ない、カーボカウントを推奨する糖尿病専門医の本。我々カーボカウンターの心の支えとなる一冊です。


●主食を抜けば糖尿病は良くなる 実践編
やはり2型糖尿病患者であるお医者さんの書いた本。炭水化物が血糖値に及ぼす影響を理論的にわかりやすく解説してくれています。


●毎日の食事のカロリーガイドブック
日常よく口にする食べ物のカロリーはもちろん、炭水化物量までが写真と共に明記された、カーボカウンター必携の一冊。


●カーボカウント完全ガイド
カーボカウンティングの本場、アメリカの糖尿病協会から出版されたガイドブック。カーボカウントのすべてがこれ一冊で分かります。


●わたしはこうして糖尿病患者を救っている
糖尿病で失明する患者を数多く診てきた眼科医が書いた本。高炭水化物食を平気で勧める日本の糖尿病医療を厳しく批判しています。


●糖尿病最初の1年
アメリカの2型糖尿病患者が書いた本。糖尿病の主治医は自分であるという発想がいかにもアメリカ的。カーボカウントと血糖自己測定を基本とした最強の患者学が語られています。