カーボカウントな日々

血糖値を上げるのは炭水化物(カーボ)です。炭水化物さえ摂らなければ血糖値はほとんど上がりません。 今、世界の糖尿病治療は、食事の炭水化物をコントロールするカーボカウンティングが主流となっています。

すずらんさん里帰りオフ

2008 - 02/29 [Fri] - 14:40

アメリカはボストンのジョスリン・クリニックで糖尿病治療を受けるすずらんさんが、日本へ里帰りするというので、YCATさんがオフ会を計画してくれました。

すずらんさんは、10代にして2型糖尿病を発症。アメリカ人と結婚後、ボストンにわたってカーボカウンティングと出会います。今まで、食品交換表によるカロリー制限がすべてだった彼女にとって、カーボカウントという発想はまさに画期的で、これまでいったい何をやってたんだろうという思いにとらわれたそうです。

私も糖尿病を発症後、手探りでカーボカウントに関する情報を集めたものですが、1日のカーボ量など、彼女のサイトからはほんとうにいろんなことを教えられました。

昨日のオフ会に集まったのは、すずらんさんの他に、「奥のちょここ道」を運営するちょここさん、私のブログに時々コメントくれていたトキコさん、そして幹事のYCATさんと私カステーラです。

場所は、まやさんとのオフ会でも使った豆腐料理専門店「空ノ庭」。ローカボな(はずの)豆腐料理をコースで食しながら、3時間ばかり糖尿談義に花を咲かせました。

食事が始まって2時間、みんな一斉に血糖測定器を取り出して、血糖値を測り始めたのはDMオフならではの光景でした。この時点で口にしたカーボはてんぷらの衣と干し柿ぐらいなもので、私の血糖値は117と至って正常でしたが、中にはけっこう高い人もいて、糖尿の大変さを思い知らされました。

ということで、昨日お集まりいただいた皆さん、楽しい時間をありがとうございました。





 コメント

ありがとうございました

昨日は大変ユニークな会でした。
初めてお会いしたのに、そして糖尿病の話がメインなのに、
極め付けに測定器が5台も食卓に並んだのに、
普通の飲み会のような自然な空気が流れているように感じました。

2時間値117はお見事でしたねー!
私は姑息に、てんぷらの衣をちょっと取ってみたり、
干し柿のてんぷらはパスしたりしてみたんですけど・・・
やや動揺してましたが、楽しい会の雰囲気の勝ちでした。
ありがとうございました!!!

トキコさん

きのうは本当にありがとうございました。
あんな席でもしっかりカーボ制限を守るトキコさんの心意気に感銘を受けました。
私はまだまだダメですね。
鱒の押し寿司も、デザートのティラミスもしっかり食べたから。

それにしもて、トキコさんみたいはスリムな女性がなんでDMなのか不思議です。
あの感じだと昔から太ってたわけじゃないですよね。
やっぱり神様の遺伝子操作は不公平だ!

良い機会でした。

YCATさんの計らいで、、便乗させて頂きありがとうございました!
DMにならなければ、皆さんとの出会い~そして一緒に、ご馳走まで頂くことは出来なかったでしょう。
嬉しく思いました。
この病気は一生ですから・・・ネットとは言え、皆さんとの縁を大事にして育てていけたらと思っています。
また機会がありましたらヨロシク♪

昨日は本当にありがとうございました。
わたしは久しぶりの日本食&外食ということでカーボは気にせず食べちゃいましたが、
後半の押し寿司とてんぷらとデザートがネックでしたね。
皆さん、きちんと気をつけられていたのでこれから気を引き締めねば!と思わされました。
ところで
>これまでいったい何をやってたんだろうという
どころか「私のそれまでの15年を返してくれ!という」気持ちだったんですよ(笑)。
今後ともどうぞよろしくお願いします♪

ちょここさん

こちらこそありがとうございました。
私なんかまだ糖尿病1年生だから、この道の大ベテランの方々のお話、ほんとうに興味深く拝聴しました。
こういう会は定期的にあってもいいですよね。
きっとまたYCATさんが音頭をとってくれるでしょう。(^^)

すずらんさん

里帰り中の貴重な時間をさいていただきありがとうございました。
アメリカの糖尿病治療の現状をもっともっとお聞きしたかったのに、あっという間に時間が過ぎてしまいましたね。

>私のそれまでの15年を返してくれ!

たしかに、そんな言い方でしたね。
その気持ちを一人でも多くの日本の糖尿病患者に伝えたいです。

いやあ、うらやましいです

またお邪魔します。
地方で寂しい単身赴任生活を送ってるので、女性陣の多いオフもそうですが、

2時間後117ですか?
私は食前の値がそれより下のことが少ないです(涙)
お酒をガンガン飲めば何とかなるかも…

そのうち、機会があればご一緒させて下さい。

sakaoni16161さん

お住まいはどちらでしたっけ?

オフ会とか改めて会を設定しなくても、
普通に会ってお酒でもってことでもいいんじゃないでしょうか?
会って話さないと伝わらないことも多いし、
機会があったらぜひ情報交換しましょう。

自宅は

銀座まで電車で1時間で行ける距離です。
(以前は品川まで通ってました)
単身赴任地からは飛行機じゃなきゃ行けないですが…

単身赴任も5年以上になると、週末家に帰るのも月に1-2度になってますが、土曜日&都内(山手線内)なら都合付けられると思います。よろしければ、ぜひ。

テーマが決まってるので書きやすいとは思いますが、ブログにどこまで書くかは難しいですよね。

コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://castela.blog104.fc2.com/tb.php/75-75f8d487

-

管理人の承認後に表示されます

 | HOME | 

プロフィール

カステーラ

Author:カステーラ
東京都在住、61歳。
2007年2月、糖尿病発症。
現在、服薬なしでカーボカウンティングという食事療法を実践中。
「カーボカウントってなに?」という方は、まずこちらから。

ヘモグロビンA1c(体重・BMI)推移
2007年2月:9.3%(64kg・22.9)
2007年3月:7.5%(62kg・22.2)
2007年4月:6.0%(60kg・21.5)
2007年5月:5.3%(58kg・20.8)
2007年6月:4.8%(57kg・20.4)
2007年7月:5.1%(57kg・20.4)
2007年8月:4.8%(57kg・20.4)
2007年9月:5.0%(58kg・20.8)
2007年10月:5.0%(57kg・20.4)
2008年1月:5.3%(56kg・20.1)
2008年5月:5.2%(56kg・20.1)
2008年7月:5.3%(55kg・19.7)
2008年10月:5.2%(58kg・20.8)
2009年1月:5.2%(58kg・20.8)
2010年7月:5.4%(58kg・20.8)





人気の糖尿ブログは
こちらに揃っています。
     ↓
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 病気ブログ 生活習慣病(成人病)へ

管理者ページ

QRコード

QR

最近の記事


▼全ての記事を表示する

最近のコメント

カテゴリ

月別アーカイブ

関連サイト・ブログ

ブログ内検索

RSSフィード

おすすめ書籍

●カーボカウンティング実践ガイド
日本人の医師と栄養士と患者が書いた、“初の”と言っていい真のカーボカウンティングガイド。どちらかというとプロ、マニア向け。


●低糖質食の威力
やはり糖尿病を発症したお医者さんの書いた本。なぜ糖尿病になった医師はみな、学会のガイドラインを無視してローカーボに走るのでしょうか?


●糖質ゼロの食事術
炭水化物(糖質)はほとんど摂らないというお医者さんの本。この程度の糖質量でも立派に生きていけるという意味では貴重な実録(?)。


●糖尿病専門医にまかせなさい
日本では数少ない、カーボカウントを推奨する糖尿病専門医の本。我々カーボカウンターの心の支えとなる一冊です。


●主食を抜けば糖尿病は良くなる 実践編
やはり2型糖尿病患者であるお医者さんの書いた本。炭水化物が血糖値に及ぼす影響を理論的にわかりやすく解説してくれています。


●毎日の食事のカロリーガイドブック
日常よく口にする食べ物のカロリーはもちろん、炭水化物量までが写真と共に明記された、カーボカウンター必携の一冊。


●カーボカウント完全ガイド
カーボカウンティングの本場、アメリカの糖尿病協会から出版されたガイドブック。カーボカウントのすべてがこれ一冊で分かります。


●わたしはこうして糖尿病患者を救っている
糖尿病で失明する患者を数多く診てきた眼科医が書いた本。高炭水化物食を平気で勧める日本の糖尿病医療を厳しく批判しています。


●糖尿病最初の1年
アメリカの2型糖尿病患者が書いた本。糖尿病の主治医は自分であるという発想がいかにもアメリカ的。カーボカウントと血糖自己測定を基本とした最強の患者学が語られています。