カーボカウントな日々

血糖値を上げるのは炭水化物(カーボ)です。炭水化物さえ摂らなければ血糖値はほとんど上がりません。 今、世界の糖尿病治療は、食事の炭水化物をコントロールするカーボカウンティングが主流となっています。

家族揃って血糖測定

2008 - 01/03 [Thu] - 17:18

正月、私の家族と両親、それに妹家族が一同に集まりました。正月料理の中でもおせちは比較的ローカーボのものが多いのですが、問題があるとしたら雑煮です。

ということで、家族全員、雑煮を食べた1時間後の血糖値を測ってみました。ちなにみ、具やだしのカーボはほとんどゼロ、餅は一切れあたりカーボ量約30gと推定されます。

A:53歳・男(餅2切れ)⇒137mg/dl
B:45歳・女(餅3切れ)⇒151mg/dl
C:15歳・女(餅3切れ)⇒122mg/dl

D:49歳・男(餅4切れ)⇒218mg/dl
E:46歳・女(餅2切れ)⇒154mg/dl
F:21歳・男(餅4切れ)⇒141mg/dl
G:17歳・男(餅4切れ)⇒136mg/dl

H:79歳・男(餅3切れ)⇒227mg/dl
I :78歳・女(餅2切れ)⇒171mg/dl

は私です。餅2切れ(カーボ60g)に抑えたのが功を奏して、成人の中では一番優秀な結果となっています。

は私の妻。糖尿病ではありませんが、先日の人間ドックではヘモグロビンA1cが5.0%だったので、私とほぼ同じ血糖レベルにあると言っていいでしょう。

は私の娘。さすが若いだけあって、カーボ90gで120台はご立派。

は私の義理の弟。随時血糖が200を超えていますから、糖尿病の疑いが濃厚です。健康診断でも血糖値が高目だと言われたことがあるそうです。

は私の妹。以前、食後血糖値が200を超えたことがあり、その後、意識してローカーボダイエットに励んでいますが、やはりまだちょっと高めです。

は私の甥。二人ともカーボ120gですから、まあこんなもんでしょう。

は私の父。これまで血糖値を指摘されたことは一度もなく、時々測る食後血糖値もまったく問題なかったのですが、今回はなぜか200超。80近い老人の耐糖能っていうのはこんなものなのかも知れません。

は私の母。糖尿病歴30年のベテランです。現在、1日2回のインスリン注射をしていますが、カーボ60gの食後1時間でこのレベルなら、まあまあでしょう。


この中で、糖尿病の診断が下っているのは私と私の母の二人だけですが、それ以外にも200超が二人もいたことに驚いてしまいました。空腹時血糖値やヘモグロビンA1cは正常でも、食後200を超えるような高血糖を示す人っていうのは、結構多いのかもしれません。

ちなみに今回血糖値を測った9人は全員、BMI18~20のどちらかといえば痩せ型です。





 コメント

はじめまして

はじめまして。
母が10年来の糖尿病のため、昨年からこちらではいろいろ勉強させていただいてました。

ところで、昨日(1/3)のお昼に「うなぎのひつまぶし」を外食してから(量が多かったので2/5は持ち帰り)、スーパーで買い物後、なんかいやな予感がしました。
実家の母のところへ行き血糖値を測定してもらいましたら、やっぱり「143!」
この時点で食後2時間でした。
母:「これは高いなぁ。。。」
私:「あ~高い?!、やばい?!」
「これって「IGT境界型」?!」

江部先生の本を母に押し付けながら、自分もなんちゃってローカーボで昨年の5月から6ヶ月で約7kg減量したのですが、やっぱりって感じです。。。。

個人的タイムリー話題なんですが記させていただきました。
これからもよろしくお願いします。

あけましておめでとうございます。

私も、新年の自己計測はじめとして、元日のチェックをしてみました。
こちらでも、日本食品店でお餅とか簡単なおせちとか手に入ります。便利なのはほとんどのパッケージに食品成分表が貼り付けてありますので、カーボの計算が簡単です。たまに日本に帰ったときに気になるのは、食べ物の味付けが甘いことと、カーボ量の表示がないことです。

おせちは、佃煮とか伊達巻などにかなり砂糖がはいっているのでしょうか、ちょっとつまんだだけでしたが、カーボ33グラムです。かまぼこもつなぎがカーボを増やしているのでしょう。カーボ筆頭はやはりお雑煮でした。ちいさな丸餅(38グラム)を2個だけいただきました(カーボ30gx2としてけいさんしています)。チキン、かまぼこ、野菜、きのこの量が多めだったのですが、お雑煮のカーボは、76グラム。あと、甘口のスパークリングワイン(Asti)をシャンペングラスで3杯(カーボ9グラムとして計算)。あと、ちょっとしたデザートを入れて、トータルで124グラム、と久しぶりに100グラム突破です。

結果は、99(食前)、140(1時間)、125(2時間)、118(3時間)と、ワインのせいか日本食のせいか若干あとをひいていますが、一年の出だしとしてはまずまずの値です。2-3ヶ月前は100グラム超えだとピークが160-170でしたので、すこし改善しているようです。

家の家内と息子は、まだ糖尿病の理解には程遠く(私も一年前までそうだったのでしかたありませんが)抵抗があって、一家そろっての計測はじめは実現しませんでした。

御無沙汰しております

御無沙汰しております。

今年はモチで痛い目にあいましたので、興味深く拝見しました。
御存知の通り1型で強化療法中の私ですが、計算通りにノボラピッドを注射しても200mg/dl overの連発でした。
このあたりのカーボの塊になると、自己分泌なしでは計算通りいかないようです。

成田理奈さん

ひつまぶし3/5ってことは、カーボ60~70g程度でしょうか?
スーパーをそれなりに歩いて2時間後で143っていうのは、ブドウ糖負荷試験をしたら境界型の可能性もあるかもしれませんね。

体脂肪率がまだ高いのなら、カーボ量に気をつけつつ、もうちょっと減量でしょうか。頑張ってみてください。

これからも時々、経過など知らせていただけると嬉しいです。

JOEさん

日本でもだいぶ食品成分が表示されるようになってきましたが、まだまだない物も多いです。

なるほど、お雑煮のカーボは76gですか。汁と具のカーボはほとんど無視できるかなと思ったのですが、白菜や人参、大根にもそれなりにカーボは含まれますもんね。

それにしても、カーボ100gでその血糖値はご立派です。特に、発症当初の状況を知っていると嬉しいもんですよね。

私は家族以外にも、いろんな身の回りの人の血糖値を測らせてもらっていますが、けっこう高い人も多いですね。あと、食後2時間なのに70ぐらいの人もいますし。

今年もよろしくお願いします。

saka10さん

なるほど、餅は難しいですか。
ご飯なんかより吸収がいいんでしょうか?
それとも、うるち米ではない、もち米の特殊性なんでしょうか?

いずれにしても、1型の方の苦労を見聞きすると、少しでも長く自己分泌を維持したいと思ってしまします。なんだかんだいっても、ある程度自前のインスリンが機能してくれるのは楽ですから。

今年もよろしくお願いします。



管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://castela.blog104.fc2.com/tb.php/63-c211ceeb

 | HOME | 

プロフィール

カステーラ

Author:カステーラ
東京都在住、61歳。
2007年2月、糖尿病発症。
現在、服薬なしでカーボカウンティングという食事療法を実践中。
「カーボカウントってなに?」という方は、まずこちらから。

ヘモグロビンA1c(体重・BMI)推移
2007年2月:9.3%(64kg・22.9)
2007年3月:7.5%(62kg・22.2)
2007年4月:6.0%(60kg・21.5)
2007年5月:5.3%(58kg・20.8)
2007年6月:4.8%(57kg・20.4)
2007年7月:5.1%(57kg・20.4)
2007年8月:4.8%(57kg・20.4)
2007年9月:5.0%(58kg・20.8)
2007年10月:5.0%(57kg・20.4)
2008年1月:5.3%(56kg・20.1)
2008年5月:5.2%(56kg・20.1)
2008年7月:5.3%(55kg・19.7)
2008年10月:5.2%(58kg・20.8)
2009年1月:5.2%(58kg・20.8)
2010年7月:5.4%(58kg・20.8)





人気の糖尿ブログは
こちらに揃っています。
     ↓
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 病気ブログ 生活習慣病(成人病)へ

管理者ページ

QRコード

QR

最近の記事


▼全ての記事を表示する

最近のコメント

カテゴリ

月別アーカイブ

関連サイト・ブログ

ブログ内検索

RSSフィード

おすすめ書籍

●カーボカウンティング実践ガイド
日本人の医師と栄養士と患者が書いた、“初の”と言っていい真のカーボカウンティングガイド。どちらかというとプロ、マニア向け。


●低糖質食の威力
やはり糖尿病を発症したお医者さんの書いた本。なぜ糖尿病になった医師はみな、学会のガイドラインを無視してローカーボに走るのでしょうか?


●糖質ゼロの食事術
炭水化物(糖質)はほとんど摂らないというお医者さんの本。この程度の糖質量でも立派に生きていけるという意味では貴重な実録(?)。


●糖尿病専門医にまかせなさい
日本では数少ない、カーボカウントを推奨する糖尿病専門医の本。我々カーボカウンターの心の支えとなる一冊です。


●主食を抜けば糖尿病は良くなる 実践編
やはり2型糖尿病患者であるお医者さんの書いた本。炭水化物が血糖値に及ぼす影響を理論的にわかりやすく解説してくれています。


●毎日の食事のカロリーガイドブック
日常よく口にする食べ物のカロリーはもちろん、炭水化物量までが写真と共に明記された、カーボカウンター必携の一冊。


●カーボカウント完全ガイド
カーボカウンティングの本場、アメリカの糖尿病協会から出版されたガイドブック。カーボカウントのすべてがこれ一冊で分かります。


●わたしはこうして糖尿病患者を救っている
糖尿病で失明する患者を数多く診てきた眼科医が書いた本。高炭水化物食を平気で勧める日本の糖尿病医療を厳しく批判しています。


●糖尿病最初の1年
アメリカの2型糖尿病患者が書いた本。糖尿病の主治医は自分であるという発想がいかにもアメリカ的。カーボカウントと血糖自己測定を基本とした最強の患者学が語られています。