カーボカウントな日々

血糖値を上げるのは炭水化物(カーボ)です。炭水化物さえ摂らなければ血糖値はほとんど上がりません。 今、世界の糖尿病治療は、食事の炭水化物をコントロールするカーボカウンティングが主流となっています。

ローカロリー・ハイカーボ食

2007 - 12/28 [Fri] - 17:51

ちょっと前、NHKの「クローズアップ現代」で糖尿病の特集をやってました。コントロールが良くないまま放置し、ひどい合併症に苦しむ糖尿病患者の実態を扱ったものです。

その番組を見て思ったのは、間違った知識がいかに糖尿病患者を苦しめているかということです。

たとえば、医者から「甘いものは月に1度だけ」と指示されたある女性患者は、食事制限を頑張っているといいながら、具のほとんどない焼うどんのようなものを食べていました。本人は「これぞ理想の糖尿病食」ぐらいに思っているのでしょうが、私の経験でいえば、ショートケーキ1個より、焼うどん1皿の方がはるかに血糖値は上がります。実際カロリーガイドブックを見ても、焼うどんのカーボ量は65g、不二家のショートケーキは25gです。

もちろん、焼うどんの替わりに、毎日ショートケーキを食べるわけにはいきませんが、「甘いものは月に1度だけ」などという非人間的とも言える制約を与えておきながら、具のない焼うどんは野放しという医師の神経を疑ってしまいます。

私も最初の頃はそうだったのですが、カロリーを抑えろといわれると、どうしても脂質やたんぱく質を控え、炭水化物中心の食事になってしまいます。医者の言いつけを守って、努力すればするほど血糖値が上がるという、あまりに皮肉な結果です。

同じ量の炭水化物でも、炭水化物単独で食べるよりは、肉や脂と混ぜた方が血糖値は低く抑えられる、というのは経験上感じていることですが、実際どうなのかを実験してみました。

【1日目】
150gのご飯をお茶漬けにして食べます。
カーボ:57.4g(飯:55.6g、お茶漬けのもと:1.7g)
カロリー:264kcal(飯:252kcal、お茶漬けのもと12kcal)

お茶漬け

ochadata.jpg


【2日目】
150gのご飯を炒飯にして食べます。
カーボ:56.5g(飯:55.6g、ロースハム:0.5g、卵:0.4g)
カロリー:602kcal(飯:252kcal、ハム:74kcal、卵:141kcal、油:135kcal)

チャーハン

cyahadata.jpg


お茶漬けも炒飯もカーボ量はほぼ同じ。カロリーは1:2.3の差があります。私の予想ではお茶漬けの方が血糖の上がり方は早く、ピークも高く、下がるのも早い。逆に、炒飯の方が血糖の上がり方が遅く、ピークも低く、いつまでもだらだら高血糖が続くのかなと思っていたのですが、どうやら目論見どおりにはなりませんでした。

graph2.gif


確かに、お茶漬けの方が炒飯より血糖の上昇が早いのですが、ピークは炒飯の方が上でした。さすがにこれだけカロリーに差があると、脂質やたんぱく質も多少は血糖値に影響を与えたのかもしれません。また、グラフの形から見て、お茶漬けは30分と60分の間に200超のピークがあった可能性もあります。

いずれにしても、お茶漬けと炒飯の血糖値に与える影響はほぼ同じと見ていいと思います。カロリーは2.3倍の違いがあるのにです。間違ったローカロリー・ハイカーボ食で、合併症をどんどん悪くしている糖尿病患者が、一日も早くいなくなることを願うばかりです。





 コメント

ローカロリー・ハイカーボ食

≪カロリーを抑えろといわれると、どうしても脂質やたんぱく質を控え、炭水化物中心の食事になってしまいます。医者の言いつけを守って、努力すればするほど血糖値が上がるという、あまりに皮肉な結果です≫…まさしく、その通りにし、約10年を過ごしてしまいました。幸い、まだ合併症は発病していませんが、油断はできません。勿論、勉強不足だった自分にも責任があると思いますので、医師を責める気にはなれません。さっさと病院を替える。これも手です。最近は、同病の方と話しをしていても、歯がゆい思いをする事もあります。もっと、広く構えないと、正しい情報が入ってこないでしょう。
私の場合、もう手遅れなのかも知れませんが、できるだけの事はやろうと思います。
これからも、いろいろと、勉強させてください…。

ネットのどこかで、脂質がグルカゴンの分泌を刺激して、糖新生を促す、というのを見た気がするのですが、最近探しなおしてもどうもソースが見つかりません。
もし本当に糖新生が起きてるとすると、ただでさえ糖が吸収されないのに糖新生が起きて、ダブルパンチになるので、脂質と炭水化物を取るとピークが遅れて高くなることの説明になるような気がします。

shoさん

これまで、医師の知識不足による医療過誤はいくらでも起こってきたわけですし、非加熱製剤みたいに、医学界全体でミスを犯してしまった例もあります。結局、エイズやC型肝炎だって、患者に正しい知識があれば、ある程度防ぐことは可能だったのかもしれません。

私はこれまでのいろんな経緯をみると、アメリカというのは常に正しい医療を先取りしているような気がします。逆に日本は権威主義が横行し、いつまでたっても古いやり方を変えられないような気がします。

まあ、患者がおとなしいのも原因のひとつかもしれませんね。患者の病気がよくならないのは、なぜか患者のせいにされちゃうのが日本ですから。アメリカじゃ、A1cが下がらないのは明らかに医師の能力不足だとされますからね。

えりさん

脂質がグルカゴンの分泌を促すとうのは聞いたことがありませんでした。ソースが見つかったらぜひまた教えてください。

いずれにしても今回の実験は、たった一度のことですし、いろんな要素が絡んでこういう結果になったのだと思います。ひとつ言えるのは、血糖値を上げるのはカロリーではなく糖質量だということです。そのことを知るだけで、糖尿病患者はずいぶん楽になるんですけどね。

http://blog.livedoor.jp/ktamaoku/archives/2005-03.html#20050315

お医者様のダイエットのブログです。
グルカゴンとインスリン、糖質、たんぱく質などのことが
書かれています。

COCOさん、ありがとうございます。私もこれを見ました。
それと、下のサイトで、糖尿病患者ではインスリンが糖新生を抑制しない、と書かれていたので、合わせて考え、「糖尿病患者では脂質を取ると、食後すぐにでも糖新生が促進される」と考えてしまいました。
しかし、これらの考え方は他のどこにも見られないので、客観的根拠に乏しいのかも知れません。
http://hobab.fc2web.com/sub4-Liver.html

COCOさん

ご紹介されたサイトは何回か見た記憶はあるのですが、今回は新たな発見をさせていただきました。

たんぱく質や脂質は、それ自体が糖に変わるわけではないけれど、グルカゴンの分泌を促すということなのですね。

一般の人はそれに応じてインスリンも分泌されるけど、糖尿病患者の場合はインスリンが不足しているので、グルカゴン優位となり、肝臓で糖の新生が起こると。

なるほど、それなら今回の事態も説明がつきます。

ただ、脂質やたんぱく質でも血糖値は上がるとしても、炭水化物による血糖値の上昇と比べたらはるかに低いものなのだとは思いますが。

いろいろ参考になる情報ありがとうございました。


えりさん

このサイトも調べ物をするときよくたどり着くサイトですね。

おっしゃる通り血糖値の制御というのはグルカゴンとインスリンのバランスで決まるものですから、もし、脂質やたんぱく質がグルカゴンの分泌を促すとしたら、インスリン不足の糖尿病患者にとっては、血糖値が上がる要因にはなるのでしょうね。

たとえば、人間が魚だけを大量に食べたような場合、栄養素は脂質とたんぱく質だけですから、本来、直後の血糖値はほとんど上がりません。しかし、脂肪のエネルギーはたっぷり入ってきたわけだし、たんぱく質はいずれ糖に変えることも出来るわけですから、体はご褒美として糖を放出するような仕組みになっているのかもしれませんね。

ちょうど、いつか現金化できる手形を貰ったとき、貯金を切り崩してちょっと贅沢するみたいな。

でも、魚と一緒にご飯を食べた場合は、インスリンが大量に出るので、糖の新生は起こらない。

これは手形と一緒に現金も入ったので、貯金には手をつけないみたいな。(笑)

人間の体ってうまくできてるもんですね。



うまいたとえですね!わかりやすいです。
ひょっとすると実際にイヌイットの伝統的生活では、その仕組みで糖を脳に供給していたかも知れないですね。
本当に人間の体はすごい仕組みですね。

なるほど!
勉強になります。

その後なんちゃって負荷試験やってみました。
ご飯(100g)+おかずいろいろで予想カーボ量60~70gぐらいでしょうか。
食後1H:186
食後2H:169
やっぱり高かったです。

「新毎日の食事のカローリーガイドブック」を買いましたので、
カーボカウントしていきたいと思います。

えりさん

イヌイットもそうだし、おそらく太古の人間なんて、そうそういつもバランスのいい食事をしてたわけじゃないと思うんです。たまたま猪が獲れれば、1日3食イノシシ鍋とか、川に鮭が上がってくる時期には、来る日も来る日も石狩鍋とか。(笑)
そういうアンバランスな食事でも、けっこうなんとかなるように出来てるんですよね、きっと。

理奈さん

なんちゃって負荷試験、かぶったみたいですね。(笑)
先に教えてもらった空腹時血糖値やA1cから見ると、ちょっと食後の血糖値は高いですね。だとすると、つい最近始まったの傾向なのかな。

「カロリーガイドブック」使いやすいでしょ? あれでいろいろ勉強してると、料理を見ただけで大体のカーボ量はわかってくると思います。

カーボカウントの結果もまた教えてください。

コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://castela.blog104.fc2.com/tb.php/62-02683a71

 | HOME | 

プロフィール

カステーラ

Author:カステーラ
東京都在住、61歳。
2007年2月、糖尿病発症。
現在、服薬なしでカーボカウンティングという食事療法を実践中。
「カーボカウントってなに?」という方は、まずこちらから。

ヘモグロビンA1c(体重・BMI)推移
2007年2月:9.3%(64kg・22.9)
2007年3月:7.5%(62kg・22.2)
2007年4月:6.0%(60kg・21.5)
2007年5月:5.3%(58kg・20.8)
2007年6月:4.8%(57kg・20.4)
2007年7月:5.1%(57kg・20.4)
2007年8月:4.8%(57kg・20.4)
2007年9月:5.0%(58kg・20.8)
2007年10月:5.0%(57kg・20.4)
2008年1月:5.3%(56kg・20.1)
2008年5月:5.2%(56kg・20.1)
2008年7月:5.3%(55kg・19.7)
2008年10月:5.2%(58kg・20.8)
2009年1月:5.2%(58kg・20.8)
2010年7月:5.4%(58kg・20.8)





人気の糖尿ブログは
こちらに揃っています。
     ↓
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 病気ブログ 生活習慣病(成人病)へ

管理者ページ

QRコード

QR

最近の記事


▼全ての記事を表示する

最近のコメント

カテゴリ

月別アーカイブ

関連サイト・ブログ

ブログ内検索

RSSフィード

おすすめ書籍

●カーボカウンティング実践ガイド
日本人の医師と栄養士と患者が書いた、“初の”と言っていい真のカーボカウンティングガイド。どちらかというとプロ、マニア向け。


●低糖質食の威力
やはり糖尿病を発症したお医者さんの書いた本。なぜ糖尿病になった医師はみな、学会のガイドラインを無視してローカーボに走るのでしょうか?


●糖質ゼロの食事術
炭水化物(糖質)はほとんど摂らないというお医者さんの本。この程度の糖質量でも立派に生きていけるという意味では貴重な実録(?)。


●糖尿病専門医にまかせなさい
日本では数少ない、カーボカウントを推奨する糖尿病専門医の本。我々カーボカウンターの心の支えとなる一冊です。


●主食を抜けば糖尿病は良くなる 実践編
やはり2型糖尿病患者であるお医者さんの書いた本。炭水化物が血糖値に及ぼす影響を理論的にわかりやすく解説してくれています。


●毎日の食事のカロリーガイドブック
日常よく口にする食べ物のカロリーはもちろん、炭水化物量までが写真と共に明記された、カーボカウンター必携の一冊。


●カーボカウント完全ガイド
カーボカウンティングの本場、アメリカの糖尿病協会から出版されたガイドブック。カーボカウントのすべてがこれ一冊で分かります。


●わたしはこうして糖尿病患者を救っている
糖尿病で失明する患者を数多く診てきた眼科医が書いた本。高炭水化物食を平気で勧める日本の糖尿病医療を厳しく批判しています。


●糖尿病最初の1年
アメリカの2型糖尿病患者が書いた本。糖尿病の主治医は自分であるという発想がいかにもアメリカ的。カーボカウントと血糖自己測定を基本とした最強の患者学が語られています。