カーボカウントな日々

血糖値を上げるのは炭水化物(カーボ)です。炭水化物さえ摂らなければ血糖値はほとんど上がりません。 今、世界の糖尿病治療は、食事の炭水化物をコントロールするカーボカウンティングが主流となっています。

近況報告

2007 - 12/12 [Wed] - 00:08

しばらく英文サイトの翻訳が続いたので、今日は私自身の近況を報告しようと思います。

今年の2月に糖尿病が発覚して以来、ずっと1ヶ月に1度の割りで通院していましたが、この10月の診察を最後に定期的な通院はしないことにしました。これからは3ヶ月に1度くらい、血液検査だけしてもらおうと思っています。まあ、そのくらい血糖値は安定しているということです。

炭水化物の制限をしてして以来、ずっと110前後で推移してきた起床時の血糖値も、最近は100を切ることが多くなってきました。朝一番の血糖値が80台とか90台っていうのは、実に気分のいいものです。

食後1時間の血糖値も、最近は140を超えることはほとんどありません。1回の食事のカーボ量は大体50g前後。その程度の食事には余裕で対応できるだけの体になってきたようです。

運動は仕事帰りに一駅分歩くようにしているのと、たまのゴルフぐらい。あと、夕食後にスクワット30回、腕立て伏せ30回、上体起こし10回の筋トレセットを必ずやっています。

血糖値の測定回数も最近はめっきり少なくなって、1日平均2~3回です。測定器に表示される過去一週間の平均血糖値は、現在106になっています。空腹時よりは食後のピークに測るほうが多いので、本当の平均は100を切っているのではないかと思います。

今年の2月の時点では空腹時血糖値250、ヘモグロビンA1c9.2%だったことを考えると、夢のような回復です。たぶん今、ブドウ糖負荷試験をやったら境界型にもならないんじゃないかという気がします。

わずか10ヶ月でここまでの状態になれたのは、食事の炭水化物量をコントロールすることで、食後の血糖値を低く抑える努力をしてきたからだと信じています。言い換えれば、食品交換表によるカロリー制限ではここまでの回復は絶対なかっただろうと思います。

こんなに楽で、分かりやすくて、効果のある方法を、なぜ日本の糖尿病学会は認めようとしないのでしょうか。無知なのか、意地なのか、それとも利権がらみなのか、真実を知りたいです。

7ave.jpg

この一週間の平均血糖値です。そうそう、測定器が新しくなりました。その話はいずれまた。





 コメント

初めまして

初めまして。
血糖値改善おめでとうございます。
私は、10年来糖尿と闘ってきましたが、最近、「糖質制限食」に切り替え、「自己血糖測定」を行い、ようやく6%台のコントロールを取り戻しました。まだ、薬から離脱できませんが、明かりが見えてきたところです。インシュリンの基礎分泌が減ってしまう前に、この食事療法に出会いたかったと思います…。私の空腹時血糖は、11月の平均値で、161です…。

これからも、色々参考にさせていただきます。

shoさん

どうやら同い年のようですね。糖尿病歴は私の方10年後輩ですが。

M先生に変えてからの8%台→6%台の改善はすごいですね。先生の指導通り、食事のカーボ量を意識して、その結果を自己測定で確認すれば、血糖値は必ずコントロールできるはずです。
私の場合は発症間もない時期からカーボのコントロールに心がけたので、すぐに結果が出ましたが、shoさんも時間がかかっても、必ず薬から脱却できると思います。

空腹時の血糖値はまだ高いようですが、M先生に言わせるとこれは自分の意志ではどうにもならないことなので、気にしないことです。ただし、食後の血糖は努力と工夫でなんとかなるので、頑張ってください。

あと、昼食後の血糖値を気になさっているようですが、食後の運動はできないですか? 20分のウォーキングが無理なら、5分の筋トレ(スクワットや腕立て)でもかなり血糖値は下がるものです。

これからもよろしくお願いします。


血糖値が高めの方に!

こんにちは。
くちコミだけで売れて10年のサプリメント。
10周年御礼キャンペーン中!(無料プレゼント)
http://kenko-choju.com/2007/12/post_45.html

昼食後…

カステーラさん、返答ありがとうございます。
また、私のブログにお越しいただき、ありがとうございます。

昼食後の筋トレ、やってみます。

実は、「加圧トレーニング」を週一回やっているのですが、そのメニューを加圧無しで1セット、丁度10分くらいです。これで血糖がどうなるか、測定して確認してみます。

アドバイス、ありがとうございます。

追伸:勝手ながら、カステーラさんのブログ、リンクさせて頂きます。もしも、不都合があれば、ご連絡下さい。
実は、私の父が、某カステラ老舗の番頭でした。そのこともあり、また同年代という事もあり、親近感があります。
これからも、宜しくお願い致します。

shoさん

リンクありがとうございます。
私もリンクのところをいじりたいと思いつつ、なかなかできずにいます。
いずれこちらからもリンクさせていてだきますので、よろしくお願いします。

加圧トレーニング、確かある野球選手がやってるっていうのを、以前テレビで見たことがあります。
なんか効果があったらまた教えてください。

コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://castela.blog104.fc2.com/tb.php/59-ef0234c6

 | HOME | 

プロフィール

カステーラ

Author:カステーラ
東京都在住、61歳。
2007年2月、糖尿病発症。
現在、服薬なしでカーボカウンティングという食事療法を実践中。
「カーボカウントってなに?」という方は、まずこちらから。

ヘモグロビンA1c(体重・BMI)推移
2007年2月:9.3%(64kg・22.9)
2007年3月:7.5%(62kg・22.2)
2007年4月:6.0%(60kg・21.5)
2007年5月:5.3%(58kg・20.8)
2007年6月:4.8%(57kg・20.4)
2007年7月:5.1%(57kg・20.4)
2007年8月:4.8%(57kg・20.4)
2007年9月:5.0%(58kg・20.8)
2007年10月:5.0%(57kg・20.4)
2008年1月:5.3%(56kg・20.1)
2008年5月:5.2%(56kg・20.1)
2008年7月:5.3%(55kg・19.7)
2008年10月:5.2%(58kg・20.8)
2009年1月:5.2%(58kg・20.8)
2010年7月:5.4%(58kg・20.8)





人気の糖尿ブログは
こちらに揃っています。
     ↓
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 病気ブログ 生活習慣病(成人病)へ

管理者ページ

QRコード

QR

最近の記事


▼全ての記事を表示する

最近のコメント

カテゴリ

月別アーカイブ

関連サイト・ブログ

ブログ内検索

RSSフィード

おすすめ書籍

●カーボカウンティング実践ガイド
日本人の医師と栄養士と患者が書いた、“初の”と言っていい真のカーボカウンティングガイド。どちらかというとプロ、マニア向け。


●低糖質食の威力
やはり糖尿病を発症したお医者さんの書いた本。なぜ糖尿病になった医師はみな、学会のガイドラインを無視してローカーボに走るのでしょうか?


●糖質ゼロの食事術
炭水化物(糖質)はほとんど摂らないというお医者さんの本。この程度の糖質量でも立派に生きていけるという意味では貴重な実録(?)。


●糖尿病専門医にまかせなさい
日本では数少ない、カーボカウントを推奨する糖尿病専門医の本。我々カーボカウンターの心の支えとなる一冊です。


●主食を抜けば糖尿病は良くなる 実践編
やはり2型糖尿病患者であるお医者さんの書いた本。炭水化物が血糖値に及ぼす影響を理論的にわかりやすく解説してくれています。


●毎日の食事のカロリーガイドブック
日常よく口にする食べ物のカロリーはもちろん、炭水化物量までが写真と共に明記された、カーボカウンター必携の一冊。


●カーボカウント完全ガイド
カーボカウンティングの本場、アメリカの糖尿病協会から出版されたガイドブック。カーボカウントのすべてがこれ一冊で分かります。


●わたしはこうして糖尿病患者を救っている
糖尿病で失明する患者を数多く診てきた眼科医が書いた本。高炭水化物食を平気で勧める日本の糖尿病医療を厳しく批判しています。


●糖尿病最初の1年
アメリカの2型糖尿病患者が書いた本。糖尿病の主治医は自分であるという発想がいかにもアメリカ的。カーボカウントと血糖自己測定を基本とした最強の患者学が語られています。