カーボカウントな日々

血糖値を上げるのは炭水化物(カーボ)です。炭水化物さえ摂らなければ血糖値はほとんど上がりません。 今、世界の糖尿病治療は、食事の炭水化物をコントロールするカーボカウンティングが主流となっています。

豆腐尽くしの夜

2007 - 08/26 [Sun] - 17:26

金曜日の夜、まやさんとYCATさんにお会いしてきました。場所は渋谷の豆腐料理店。豆腐料理なんていうとジジババの食べ物って雰囲気があるけど、なんのなんの、店は若い女の子でごった返していました。もしや、こんなところにもローカーボブームが。

DM歴4年のYCATさんと、まだ1ケ月のまやさん、そしてようやく半年目を迎えた私カステーラ。それぞれの経験と知識と不安と希望を交錯させながら、楽しい時間を過ごすことが出来ました。

ビックリしたのはYCATさんは計量スケール持ち込みで、口にしたすべての重量を測っていた点。もちろん、食前と食後の血糖値も計っていました。ご自身のブログにあるあの膨大なデータも、こうやって構築されていたんですね。

豆腐料理とその後の喫茶店を含めて、4時間もお話したでしょうか。会話支配率からいうと、まやさん50%、YCATさん40%、カステーラ10%だったけど、こんな風に人体の不思議だけをネタにしゃべり倒すってのもなかなか楽しい経験でした。また機会があったらぜひ!





 コメント

金曜日は行かれなくて本当に残念に思っています。
カステーラさん、まやさん、YCATさんにお会いしたかったー
とても有意義な集まりだったようですね!
またの機会を是非是非作ってください。
本当に人体は不思議、不思議ですね。

うるさくってすいませんでした(´ヘ`;)

 奉行(仕切り屋)が大嫌いなのに、ついつい、自分がでしゃばっちゃう困った人です。なかなか矯正できぬまま、こんな歳になっちゃいました。懲りなかったら、また呼んで下さい。では、では。

トキコさん

こちらこそお会いできるのを楽しみにしていたのですが、残念でした。
糖尿病という同じ悩みを抱える者同士、いろいろ話も弾みます。
こういう体験もなかなかいいもんですよ。
次こそはお待ちしています。

YCATさん

いえいえ、うるさいだなんてとんでもない。
なかなか有意義なお話が聞けました。
また、機会を見てやりましょう。
次は血糖測定器持参ですね。

ありがとうございました

 会話支配率、私が50%ですか・・・すいません、おしゃべりで。でもこの手の話、近頃みなに疎まれているんで、市民権を得て満足でした。資料を山のように抱えてきてくださったYCATさん、お疲れ様でした。ブロガーの皆さんの責任感とか使命感とかにも頭がさがりました。
 お会いしたお二人のブログとめぐりあわなければ計測することも思いつかず、今頃どんな生活を送っていたことやら・・・感謝です。
 あの時おなかいっぱい食べることができて、体重を減らさないようにしようと思い、それからもアーモンドを食べ、ちゃんこ鍋を食べ、3日で1キロ体重を増やしました。これで、フランスに帰るまでにどんどんやせるという恐怖からは解放されました。10月に検査したら結果を報告しますね。

会話支配率は、女性にちょっとサービスしておきました。(笑)
この手の話を誰憚ることなくできるって言うのは良いですよね。山手線の中では周りにちょっと顰蹙だったかも知れませんが。(^^;

カーボカウントの意識さえあれば、相当食べても血糖値は反乱を起こしません。私は半年でそれが判りました。だから、まやさん、もっと食べて大丈夫ですよ。

10月の結果、楽しみですね。

いいなぁ~
俺も行きたかったです。無口ですけど…

コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://castela.blog104.fc2.com/tb.php/50-80712c5f

 | HOME | 

プロフィール

カステーラ

Author:カステーラ
東京都在住、61歳。
2007年2月、糖尿病発症。
現在、服薬なしでカーボカウンティングという食事療法を実践中。
「カーボカウントってなに?」という方は、まずこちらから。

ヘモグロビンA1c(体重・BMI)推移
2007年2月:9.3%(64kg・22.9)
2007年3月:7.5%(62kg・22.2)
2007年4月:6.0%(60kg・21.5)
2007年5月:5.3%(58kg・20.8)
2007年6月:4.8%(57kg・20.4)
2007年7月:5.1%(57kg・20.4)
2007年8月:4.8%(57kg・20.4)
2007年9月:5.0%(58kg・20.8)
2007年10月:5.0%(57kg・20.4)
2008年1月:5.3%(56kg・20.1)
2008年5月:5.2%(56kg・20.1)
2008年7月:5.3%(55kg・19.7)
2008年10月:5.2%(58kg・20.8)
2009年1月:5.2%(58kg・20.8)
2010年7月:5.4%(58kg・20.8)





人気の糖尿ブログは
こちらに揃っています。
     ↓
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 病気ブログ 生活習慣病(成人病)へ

管理者ページ

QRコード

QR

最近の記事


▼全ての記事を表示する

最近のコメント

カテゴリ

月別アーカイブ

関連サイト・ブログ

ブログ内検索

RSSフィード

おすすめ書籍

●カーボカウンティング実践ガイド
日本人の医師と栄養士と患者が書いた、“初の”と言っていい真のカーボカウンティングガイド。どちらかというとプロ、マニア向け。


●低糖質食の威力
やはり糖尿病を発症したお医者さんの書いた本。なぜ糖尿病になった医師はみな、学会のガイドラインを無視してローカーボに走るのでしょうか?


●糖質ゼロの食事術
炭水化物(糖質)はほとんど摂らないというお医者さんの本。この程度の糖質量でも立派に生きていけるという意味では貴重な実録(?)。


●糖尿病専門医にまかせなさい
日本では数少ない、カーボカウントを推奨する糖尿病専門医の本。我々カーボカウンターの心の支えとなる一冊です。


●主食を抜けば糖尿病は良くなる 実践編
やはり2型糖尿病患者であるお医者さんの書いた本。炭水化物が血糖値に及ぼす影響を理論的にわかりやすく解説してくれています。


●毎日の食事のカロリーガイドブック
日常よく口にする食べ物のカロリーはもちろん、炭水化物量までが写真と共に明記された、カーボカウンター必携の一冊。


●カーボカウント完全ガイド
カーボカウンティングの本場、アメリカの糖尿病協会から出版されたガイドブック。カーボカウントのすべてがこれ一冊で分かります。


●わたしはこうして糖尿病患者を救っている
糖尿病で失明する患者を数多く診てきた眼科医が書いた本。高炭水化物食を平気で勧める日本の糖尿病医療を厳しく批判しています。


●糖尿病最初の1年
アメリカの2型糖尿病患者が書いた本。糖尿病の主治医は自分であるという発想がいかにもアメリカ的。カーボカウントと血糖自己測定を基本とした最強の患者学が語られています。