カーボカウントな日々

血糖値を上げるのは炭水化物(カーボ)です。炭水化物さえ摂らなければ血糖値はほとんど上がりません。 今、世界の糖尿病治療は、食事の炭水化物をコントロールするカーボカウンティングが主流となっています。

チーズケーキ恐い

2007 - 07/21 [Sat] - 00:10

以前、knackeさんのブログで指をくわえながら見たローカーボ・チーズケーキ。このレシピを見ながら自作してみました。もちろん、砂糖80gはラカントとエリスリムのデュエットで代役。カーボ多そうなクッキー生地も今回は退場を願いました。

カーボ量は全部あわせても十数グラム。一人分だと数グラムのカーボしかないので、理論的にはほとんど血糖値は上がらないはず。さっそく一ついってみました。

ところが、半分も食べないうちにギブアップです。甘すぎて喉を通りません。ラカントは砂糖と同量、エリスリムは砂糖の三分の一の原則を守って量の調整はしたので、甘さに間違いはないはずですが、どうやらこの半年で、すっかり甘いものを受け入れない体になってしまったようです。

そういえば、以前、ロッスのチョコレートで血糖値を調べたときも、1袋(34g)を完食するのに非常に苦労したことを思い出しました。半年前までは娘といつも甘いものの奪い合いをして、妻におとな気ないとなじられていたのに。

52歳にして、ようやく苦味のわかる大人になったのかも知れません。

チーズケーキ





 コメント

解脱?

甘露煩悩から解脱されたのですね・・・
私は一生スイーツ好きだと思います。レアチーズケーキ美味しそう!
でも、もうロールケーキ丸ごと1本食べたい衝動にかられることはなくなりました。
あれは異常だった。で、食べたんですよ・・1本!
只今、ティラミスをローカーボで作れないか考えてます。
洋酒とエスプレッソとマスカルポーネチーズに純ココア♪
大人なカステーラさんにぴったりな、ほろ苦味ですよ~☆

knacheさん

これが最終解脱かどうかは判りませんが、もはや煩悩でなくなったことだけは確かなようです。
やっぱりあれは糖尿病特有の甘味中毒だったんでしょうね。
でも、チョコとチーズケーキはだめだったけど、おはぎは意外といけたってことは、もしかしたら脂肪も関係してるのかも知れませんね。
でも、ローカーボおはぎはちょっと無理だなぁ。(笑)

ちなみに、あのチーズケーキを食べたときの食後1時間値はなんと71でした。血糖値上がるどころか、むしろ低血糖でしょ? 何かの間違いの可能性もあるので本文では触れませんでしたが、舌で甘みを感じた時点で膵臓のインシュリン分泌スイッチがオンになるってことはないですよね。

チーズケーキはまだたっぷり残ってるので、実験を続けたいと思います。

こんにちは。
コントロールはいかがでしょうか?

自作スイーツの写真がよく撮れていますね。
お使いのグラスはウチと同じ物かも知れません。
デュラレックスだったですかね

「ラカント」は私も使った事がありますが
あれは肝心の「味」があんまり良くないような記憶があります
王道の「シュガーカット」も確かに甘いんだけど
なんか違うんですよね(笑)

そんなヒロシさん

ご無沙汰しております。

そうです、グラスはデュラレックスです。だぶん、結婚当初からあるんじゃないでしょうか。やたら丈夫なのでなかなか割れないんですよね。

「ラカント」はそれだけで舐めると冷たい感じの甘さですね。それと三温糖的なコクもあります。ただ、調理やお菓子に使ってしまえばパルスイートなんかよりは自然な甘さだと思います。欠点は高いことですね。(笑)

チーズケーキは大好きです!
うまいですよね~。

確かに糖尿病になってから、甘いものに対する感覚が変わってきているかも。

以前はブラックコーヒーなんかとても飲めなかったんですけど、今では
コーヒーの香りを楽しめるようになりました。

大人になったのでしょうか?^^

幸之助さん

本当に糖尿病以降、甘いものに対する感覚はかわりましたよね。
昔は甘くもない液体を金出して買うなんてどういう了見だと思ってたけど、
最近は甘い液体なんて、金をもらっても飲みたくないです。(笑)
コーヒーは、ミルクだけ入れて飲んでます。
まだまだ、子供ですね。(^^;

コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://castela.blog104.fc2.com/tb.php/43-00240eea

 | HOME | 

プロフィール

カステーラ

Author:カステーラ
東京都在住、61歳。
2007年2月、糖尿病発症。
現在、服薬なしでカーボカウンティングという食事療法を実践中。
「カーボカウントってなに?」という方は、まずこちらから。

ヘモグロビンA1c(体重・BMI)推移
2007年2月:9.3%(64kg・22.9)
2007年3月:7.5%(62kg・22.2)
2007年4月:6.0%(60kg・21.5)
2007年5月:5.3%(58kg・20.8)
2007年6月:4.8%(57kg・20.4)
2007年7月:5.1%(57kg・20.4)
2007年8月:4.8%(57kg・20.4)
2007年9月:5.0%(58kg・20.8)
2007年10月:5.0%(57kg・20.4)
2008年1月:5.3%(56kg・20.1)
2008年5月:5.2%(56kg・20.1)
2008年7月:5.3%(55kg・19.7)
2008年10月:5.2%(58kg・20.8)
2009年1月:5.2%(58kg・20.8)
2010年7月:5.4%(58kg・20.8)





人気の糖尿ブログは
こちらに揃っています。
     ↓
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 病気ブログ 生活習慣病(成人病)へ

管理者ページ

QRコード

QR

最近の記事


▼全ての記事を表示する

最近のコメント

カテゴリ

月別アーカイブ

関連サイト・ブログ

ブログ内検索

RSSフィード

おすすめ書籍

●カーボカウンティング実践ガイド
日本人の医師と栄養士と患者が書いた、“初の”と言っていい真のカーボカウンティングガイド。どちらかというとプロ、マニア向け。


●低糖質食の威力
やはり糖尿病を発症したお医者さんの書いた本。なぜ糖尿病になった医師はみな、学会のガイドラインを無視してローカーボに走るのでしょうか?


●糖質ゼロの食事術
炭水化物(糖質)はほとんど摂らないというお医者さんの本。この程度の糖質量でも立派に生きていけるという意味では貴重な実録(?)。


●糖尿病専門医にまかせなさい
日本では数少ない、カーボカウントを推奨する糖尿病専門医の本。我々カーボカウンターの心の支えとなる一冊です。


●主食を抜けば糖尿病は良くなる 実践編
やはり2型糖尿病患者であるお医者さんの書いた本。炭水化物が血糖値に及ぼす影響を理論的にわかりやすく解説してくれています。


●毎日の食事のカロリーガイドブック
日常よく口にする食べ物のカロリーはもちろん、炭水化物量までが写真と共に明記された、カーボカウンター必携の一冊。


●カーボカウント完全ガイド
カーボカウンティングの本場、アメリカの糖尿病協会から出版されたガイドブック。カーボカウントのすべてがこれ一冊で分かります。


●わたしはこうして糖尿病患者を救っている
糖尿病で失明する患者を数多く診てきた眼科医が書いた本。高炭水化物食を平気で勧める日本の糖尿病医療を厳しく批判しています。


●糖尿病最初の1年
アメリカの2型糖尿病患者が書いた本。糖尿病の主治医は自分であるという発想がいかにもアメリカ的。カーボカウントと血糖自己測定を基本とした最強の患者学が語られています。