カーボカウントな日々

血糖値を上げるのは炭水化物(カーボ)です。炭水化物さえ摂らなければ血糖値はほとんど上がりません。 今、世界の糖尿病治療は、食事の炭水化物をコントロールするカーボカウンティングが主流となっています。

安くて効果のある薬

2007 - 07/19 [Thu] - 16:44

アメリカ糖尿病協会のサイトにあった情報です。アメリカ保健社会福祉省というところが、糖尿病薬の効果と安全性について調べました。

その結果、断トツの1位はメルビン、グリコラン、メデットなどのビグアナイト剤でした。年間約100ドル(1万円ちょっと)という低コストで、他の高価な糖尿病薬と変わらない効果が期待でき、体重増加や低血糖の副作用も少なく、LDL(悪玉コレステロール)も減少すると、いいことずくめです。

続いて評価の高かったのがSU剤のアマリールでした。私が最初に処方されたのも、この薬です。

そういえば、私の主治医も「糖尿病の薬物療法はビグアナイト剤とSU剤で完結する」と言ってました。それ以外は効果がいま一つだったり、副作用が心配なのでほとんど使わないそうです。

これまで、薬の値段などあまり考えたことがありませんでしたが、気になったので調べてみました。

まず、今回評価の高かったビグアナイド剤は特許切れで後発も多く1錠10円足らずです。US剤のアマリールは約25円、αグルコシターゼ阻害剤のグルコバイは約30円。最近、いろいろ危険性が言われるインスリン抵抗性改善薬のアクトスは約100円。うーん、製薬会社が力を入れるわけだ。

私の場合、薬代はまったくかかっていませんが、気になるのは血糖測定器のセンサー代です。ネットでまとめ買いしてますが、それでも1枚当たり110円。月に1万5000円~2万円かかります。そこまで費用を掛けても血糖値を測り続けるのは、それが血糖のコントロールに大きな効果があると考えるからです。

現在、日本の糖尿病患者は1000万人を超えると推測されています。もしその全員が血糖値測定器を使えば、機械もセンサーも大幅にコストダウンできるに違いありません。もしセンサーチップが10円、20円のレベルになってくれたらずいぶんありがたいのですが。

ということで糖尿病を抱える皆さん、もっと血糖値を測りましょう。必ず効果はありますから。





 コメント

血糖測定とコントロール

こんばんは~。

チップコストは頭の痛い問題ですよね。
私は1型なので、健康保険を使って、一部負担でチップを病院から支給されますが、充分な数ではありませんので、自費で追加購入しています。(2型の方々から見れば贅沢な話かもしれませんが・・・。)

まぁ、"先の命を買った"と考えるようにしてます。

確か、ソースは忘れたけど、SMBG群の方が血糖コントロールはよかったという臨床試験があったはずですし。

まったく同感です。血糖値を測ることで血糖コントロールがうまくいくわけですから、薬の方も保険適用してもらいたいものですよね。

、、、ってずっと思っていたら、注射になって今では使いたい放題!

自由に測れる幸せ感じてます^^

ジョスリンでは1型、2型問わず、血糖自己測定が義務付けられていて、6年ほど前に初めて訪れた時の最初の質問が『血糖測定器はどのメーカーのものを使っていますか』で、すごくビックリしました。2型にも保険が適用されます(まあ、アメリカの保険制度はいろいろ問題があって、加入さえ出来ない人がたくさんいるという問題も抱えているのですが)。測定器も各種市販されていて、テレビのCMでも良く流れます。私もFreestyleを使っていますが、CMでは指先以外のところからでも測定できるから痛くないというのが謳い文句です。まあ、やっぱりちょっとは痛いですけどね(笑)。日本でも早く自己測定が一般化して、費用の自己負担が減るようになるといいですね。

saka10さん

確か1型患者は1日4枚だったと思いますが、やっぱり4枚じゃ足りないですよね。インスリンを使ってない私でも、1日平均5枚は使ってますから。

「将来の命を買う」、本当にその通りですね。それと私は今の安心も買ってますが。よく、血糖値を測るとストレスが溜まると思ってる人がいるようですが、まったく逆で、血糖値を測らずにいるほうがよっぽど不安でストレスが溜まります。

幸之助さん

SMBG群の方が血糖のコントロールがいいというのはいろんな研究で明らかなんですから、下手な薬なんかよりまず最初に保険を適用すべきですよね。糖尿病患者全員に血糖測定器を持たせたほうが、絶対に治療費全体の節約になるはずです。

でもいずれは、血圧計や体温計と同じように、チップのいらない測定器が出てくるはず。そのときまで待ちましょう。

すずらんさん

SUZURAN CLUBでその話を読んだときは本当に羨ましいと思いました。糖尿病っていうのは、血糖を自分でコントロールしなきゃいけない病気なのに、血糖値を知る術がないなんてありえないですよね。スピードメーターのない車で、ちゃんと制限速度を守れっていうようなものだと思います。

すずらんさんもFreestyleですか。やっぱり指先以外でも採血できるのがいいですよね。でも、聞くところによると、腕とかの血は指先と比べると20分遅れの数値になるらしいので、私はいつもは手のひらで、いざというときの勝負血糖は、痛いのを我慢して指先から採ってます。(笑)

コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://castela.blog104.fc2.com/tb.php/42-caa674f1

-

管理人の承認後に表示されます

 | HOME | 

プロフィール

カステーラ

Author:カステーラ
東京都在住、61歳。
2007年2月、糖尿病発症。
現在、服薬なしでカーボカウンティングという食事療法を実践中。
「カーボカウントってなに?」という方は、まずこちらから。

ヘモグロビンA1c(体重・BMI)推移
2007年2月:9.3%(64kg・22.9)
2007年3月:7.5%(62kg・22.2)
2007年4月:6.0%(60kg・21.5)
2007年5月:5.3%(58kg・20.8)
2007年6月:4.8%(57kg・20.4)
2007年7月:5.1%(57kg・20.4)
2007年8月:4.8%(57kg・20.4)
2007年9月:5.0%(58kg・20.8)
2007年10月:5.0%(57kg・20.4)
2008年1月:5.3%(56kg・20.1)
2008年5月:5.2%(56kg・20.1)
2008年7月:5.3%(55kg・19.7)
2008年10月:5.2%(58kg・20.8)
2009年1月:5.2%(58kg・20.8)
2010年7月:5.4%(58kg・20.8)





人気の糖尿ブログは
こちらに揃っています。
     ↓
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 病気ブログ 生活習慣病(成人病)へ

管理者ページ

QRコード

QR

最近の記事


▼全ての記事を表示する

最近のコメント

カテゴリ

月別アーカイブ

関連サイト・ブログ

ブログ内検索

RSSフィード

おすすめ書籍

●カーボカウンティング実践ガイド
日本人の医師と栄養士と患者が書いた、“初の”と言っていい真のカーボカウンティングガイド。どちらかというとプロ、マニア向け。


●低糖質食の威力
やはり糖尿病を発症したお医者さんの書いた本。なぜ糖尿病になった医師はみな、学会のガイドラインを無視してローカーボに走るのでしょうか?


●糖質ゼロの食事術
炭水化物(糖質)はほとんど摂らないというお医者さんの本。この程度の糖質量でも立派に生きていけるという意味では貴重な実録(?)。


●糖尿病専門医にまかせなさい
日本では数少ない、カーボカウントを推奨する糖尿病専門医の本。我々カーボカウンターの心の支えとなる一冊です。


●主食を抜けば糖尿病は良くなる 実践編
やはり2型糖尿病患者であるお医者さんの書いた本。炭水化物が血糖値に及ぼす影響を理論的にわかりやすく解説してくれています。


●毎日の食事のカロリーガイドブック
日常よく口にする食べ物のカロリーはもちろん、炭水化物量までが写真と共に明記された、カーボカウンター必携の一冊。


●カーボカウント完全ガイド
カーボカウンティングの本場、アメリカの糖尿病協会から出版されたガイドブック。カーボカウントのすべてがこれ一冊で分かります。


●わたしはこうして糖尿病患者を救っている
糖尿病で失明する患者を数多く診てきた眼科医が書いた本。高炭水化物食を平気で勧める日本の糖尿病医療を厳しく批判しています。


●糖尿病最初の1年
アメリカの2型糖尿病患者が書いた本。糖尿病の主治医は自分であるという発想がいかにもアメリカ的。カーボカウントと血糖自己測定を基本とした最強の患者学が語られています。