カーボカウントな日々

血糖値を上げるのは炭水化物(カーボ)です。炭水化物さえ摂らなければ血糖値はほとんど上がりません。 今、世界の糖尿病治療は、食事の炭水化物をコントロールするカーボカウンティングが主流となっています。

真夜中の決闘(血糖?)

2007 - 07/16 [Mon] - 10:35

夕方、スーパーへ行ったら特売のおはぎが大量に陳列されていました。昔は大好きだったこしあんのおはぎです。今は甘いものに対する欲求もあまりなくなりましたが、それでもこうして目の当たりにすると、なんとなく心惹かれるものがあります。

風邪も良くなって、ここのところ血糖値も安定してきたので、思い切って買ってしまいました。

夕食後、血糖値が116に下がったのを確認して、一気に2個いってみました。推定カーボ量60gです。血糖値が200を超えてもおかしくない無謀な対決です。

食後20分経ったところでビリーズ・ブート・キャンプの最終プログラムを30分やりました。で、1時間後の血糖値はなんと132! 食後の目標である140以下になんとか抑え込みました。おはぎ2個を相手に勝利した瞬間です。

念のために測った2時間値も122。安心して眠りにつくことができました。それにしても、ビリーのグルコース一掃効果は絶大です。

おはぎ

血糖推移





 コメント

おはぎに勝利おめでとうございます

カステーラさん、こしあん派ですか?
じゃ、赤福餅好き?でも、餅は恐いですね・・・
私が住む地方ではこしあんのおはぎは見ないです。
粒あんばかり。きな粉も胡麻もおいしいですよね。
あぁ~食べたくなってきちゃったな!
和菓子のカーボは脂質による遅延がないので
最初のピークをギュッ!と押さえればいいので管理し易い?
どうでしょう?洋菓子のピークは遅れますが
私の場合は遅れたからと言って、やっぱりしっかり高いので
血糖値をいつまでも見張ってなくてはいけなくて疲れる。
相棒?師匠?ビリ-は頼りになりますね。
早く我が家にも届かないかなぁ~♪

すごいです。

これまた、おいしそうなおはぎですね。
毎年、田舎の本家の盆にいくと、自家製のおはぎが待っていて大好物でしたが、今年は断念しました。
インシュリンをバ~~ンと打てばいいのかもしれませんが、自家製おはぎ故カーボ量がわからないので・・・。

それにしても、見事な血糖値ですね。ビリーが凄いのか、カステーラさんのインシュリン抵抗性が改善して来ているのか、興味深いです。

knackeさん

はい、粒あんよりは断然こしあん派です。母親もそうだし、娘もそうです。糖尿病は母親から受け継いでいるので、娘にいかないか心配です。

赤福も大好きでしたよ。一気にひと箱でも大丈夫でした。そんなことだから糖尿病になるんですよね。というか、糖の代謝が悪かったから、際限なく甘いものが食べれたんですけどね。(苦笑)

ビリー、早く来るといいですね。(^^)

saka10さん

実は私が買ったおはぎにも成分表は載ってなかったのです。で、『カロリーガイドブック』を見たんですが、そこにもおはぎはありませんでした。仕方ないので、同じようなあん団子のカーボ量を参考に算出しました。

アメリカみたいにはやくすべての食品に成分表示を付けてほしいもんですよね。

発病当時と比べて耐糖能はだいぶ向上しているという実感はあります。昔は白米100gで絶対に200を超えてましたから。これは内臓脂肪の減少とおおいに関係があるような気がしています。

はじめましてカステーラさん。薬&インスリンなしでこの数値なのですね。
素晴らしいですね!

だんだんと改善してきているというのが興味深いです^^

幸之助さん

はじめまして。

最初は薬を処方されたのですが、カーボカウンティングで血糖値がコントロールできると思い、勝手な判断でやめてしまいました。

幸之助さんは1型なのでしょうか? いずれにしても、インスリンとカーボの関係って難しそうですよね。私もいずれたどる道かもしれないので、今から勉強しておきます。

これからもよろしくお願いします。

コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://castela.blog104.fc2.com/tb.php/41-0a2637e0

 | HOME | 

プロフィール

カステーラ

Author:カステーラ
東京都在住、61歳。
2007年2月、糖尿病発症。
現在、服薬なしでカーボカウンティングという食事療法を実践中。
「カーボカウントってなに?」という方は、まずこちらから。

ヘモグロビンA1c(体重・BMI)推移
2007年2月:9.3%(64kg・22.9)
2007年3月:7.5%(62kg・22.2)
2007年4月:6.0%(60kg・21.5)
2007年5月:5.3%(58kg・20.8)
2007年6月:4.8%(57kg・20.4)
2007年7月:5.1%(57kg・20.4)
2007年8月:4.8%(57kg・20.4)
2007年9月:5.0%(58kg・20.8)
2007年10月:5.0%(57kg・20.4)
2008年1月:5.3%(56kg・20.1)
2008年5月:5.2%(56kg・20.1)
2008年7月:5.3%(55kg・19.7)
2008年10月:5.2%(58kg・20.8)
2009年1月:5.2%(58kg・20.8)
2010年7月:5.4%(58kg・20.8)





人気の糖尿ブログは
こちらに揃っています。
     ↓
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 病気ブログ 生活習慣病(成人病)へ

管理者ページ

QRコード

QR

最近の記事


▼全ての記事を表示する

最近のコメント

カテゴリ

月別アーカイブ

関連サイト・ブログ

ブログ内検索

RSSフィード

おすすめ書籍

●カーボカウンティング実践ガイド
日本人の医師と栄養士と患者が書いた、“初の”と言っていい真のカーボカウンティングガイド。どちらかというとプロ、マニア向け。


●低糖質食の威力
やはり糖尿病を発症したお医者さんの書いた本。なぜ糖尿病になった医師はみな、学会のガイドラインを無視してローカーボに走るのでしょうか?


●糖質ゼロの食事術
炭水化物(糖質)はほとんど摂らないというお医者さんの本。この程度の糖質量でも立派に生きていけるという意味では貴重な実録(?)。


●糖尿病専門医にまかせなさい
日本では数少ない、カーボカウントを推奨する糖尿病専門医の本。我々カーボカウンターの心の支えとなる一冊です。


●主食を抜けば糖尿病は良くなる 実践編
やはり2型糖尿病患者であるお医者さんの書いた本。炭水化物が血糖値に及ぼす影響を理論的にわかりやすく解説してくれています。


●毎日の食事のカロリーガイドブック
日常よく口にする食べ物のカロリーはもちろん、炭水化物量までが写真と共に明記された、カーボカウンター必携の一冊。


●カーボカウント完全ガイド
カーボカウンティングの本場、アメリカの糖尿病協会から出版されたガイドブック。カーボカウントのすべてがこれ一冊で分かります。


●わたしはこうして糖尿病患者を救っている
糖尿病で失明する患者を数多く診てきた眼科医が書いた本。高炭水化物食を平気で勧める日本の糖尿病医療を厳しく批判しています。


●糖尿病最初の1年
アメリカの2型糖尿病患者が書いた本。糖尿病の主治医は自分であるという発想がいかにもアメリカ的。カーボカウントと血糖自己測定を基本とした最強の患者学が語られています。