カーボカウントな日々

血糖値を上げるのは炭水化物(カーボ)です。炭水化物さえ摂らなければ血糖値はほとんど上がりません。 今、世界の糖尿病治療は、食事の炭水化物をコントロールするカーボカウンティングが主流となっています。

シックデイ続く

2007 - 07/03 [Tue] - 23:17

相変わらず咳は続いています。熱はありません。

今朝の起床時血糖値→134でした。炭水化物の制限を始めた2月中旬以来、こんなに高いのは初めてです。

昼食はマクドナルドの「サラダディッシュグリルチキン」。ドレッシングとあわせてカーボ量は13.2gしかないのに、食後1時間値→151でした。普段ならありえない数値です。

夕食はとんかつとサラダと玄米。推定カーボ量50g。30分のウォーキング込みで食後1時間→167食後2時間→187でした。とんかつの油によるカーボ吸収遅延効果があるとはいえ、2時間で180超えはやっぱり普通じゃないです。

熱はないけど、体はだるいです。食欲もあまりないので体重もまた減ってしまいました。今朝計ったら56.2kg。この程度のことで、しっかり気分は病人です。





 コメント

眠るのが一番だと思います

 起床時の空腹時血糖値が134なら、たしかにシックデーでしょうね。(馬鹿なので)最近風邪をひいたことはありませんが、指を切って大量出血した時は、常時150前後をうろうろしたりしていました。
 咳を止めるのは大変です。やっと蒸し暑くなってきて冷房なしってわけにもいきませんが、肺には温湿気が届くようにマスク着用ってのはいかがでしょう?
 数日の高血糖で血管内皮がボロボロになるなんてことはないようです。ここはビタミンC付果物をたっぷり取って、ゆっくりお休みください。ブログ回りも一旦中止(笑)

お大事に・・・

身体って、不思議・・精密機械のようですね。
理由がわかっていても普段より血糖値が高いのは気分が良くないですよね。
こんな時は運動をお休みして、ゆっくりされてはいかがですか?
早く回復できるんじゃないかしら・・・
シックデイの予備知識はありますが、発症がわかって半年・・まだ未体験です。
こんな時は何を食べたら良いのでしょうね?
雑炊超特急の件もあるし、卵入り野菜スープなどはどうなんでしょう?
咳にはレンコンがいいのですが糖質が多いのです(;;)
早く良くなりますように。

YCATさん

指を切っても高血糖ですか? 糖尿病になったお陰で、人体のいろんな不思議が体験できるってのは楽しいですね。(笑)

咳ばっかりは薬もたいして効きませんね。家に昔もらった「フスコデ」があるので飲んでみようかな。薬を飲む→肝臓が解毒に忙殺される→糖の新生を怠るといって血糖効果作用が期待できたりして。(笑)

今日は早く寝ようと思いながら、もうこんな時間です。(^^;

knackeさん

咳は昨日よりまたちょっと悪くなってる感じです。今日あたりがピークかもしれません。

そうですね、病気なのに運動したのもかえって逆効果だったのかもしれません。とりあえず、今日はビリーをやめておきました。1日やらないとなんか変な感じですが。

来週は月に1度の検診なんですが、最近、カーボを増量したのとこのシックディで、A1c上昇は間違いないですね。(>_<)

はじめまして
具合どうですか?
体重が減るのは辛いですよね?
自分もこれ以上痩せたくないので、プチスィートタイムを真似ています
が、なかなか増えてくれません。
自重で筋トレもやってるんですが難しいです。

ひろさん

はじめまして。

ひろさんも糖質を制限しているのでしょうか? インスリンの出ない食事をしてやると、痩身効果はてきめんですよね。

プチスイートタイムなんですが、私は最近、どうも甘いものもあまり欲しくなくなってしまいました。炭水化物とインスリンのいたちごっこがなくなったので、甘い物中毒も解消したんだと思います。

最後の望みが、おっしゃるとおり筋トレなんですが、これもまた生易しいものじゃないですね。v-388

コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://castela.blog104.fc2.com/tb.php/37-b80b6895

 | HOME | 

プロフィール

カステーラ

Author:カステーラ
東京都在住、61歳。
2007年2月、糖尿病発症。
現在、服薬なしでカーボカウンティングという食事療法を実践中。
「カーボカウントってなに?」という方は、まずこちらから。

ヘモグロビンA1c(体重・BMI)推移
2007年2月:9.3%(64kg・22.9)
2007年3月:7.5%(62kg・22.2)
2007年4月:6.0%(60kg・21.5)
2007年5月:5.3%(58kg・20.8)
2007年6月:4.8%(57kg・20.4)
2007年7月:5.1%(57kg・20.4)
2007年8月:4.8%(57kg・20.4)
2007年9月:5.0%(58kg・20.8)
2007年10月:5.0%(57kg・20.4)
2008年1月:5.3%(56kg・20.1)
2008年5月:5.2%(56kg・20.1)
2008年7月:5.3%(55kg・19.7)
2008年10月:5.2%(58kg・20.8)
2009年1月:5.2%(58kg・20.8)
2010年7月:5.4%(58kg・20.8)





人気の糖尿ブログは
こちらに揃っています。
     ↓
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 病気ブログ 生活習慣病(成人病)へ

管理者ページ

QRコード

QR

最近の記事


▼全ての記事を表示する

最近のコメント

カテゴリ

月別アーカイブ

関連サイト・ブログ

ブログ内検索

RSSフィード

おすすめ書籍

●カーボカウンティング実践ガイド
日本人の医師と栄養士と患者が書いた、“初の”と言っていい真のカーボカウンティングガイド。どちらかというとプロ、マニア向け。


●低糖質食の威力
やはり糖尿病を発症したお医者さんの書いた本。なぜ糖尿病になった医師はみな、学会のガイドラインを無視してローカーボに走るのでしょうか?


●糖質ゼロの食事術
炭水化物(糖質)はほとんど摂らないというお医者さんの本。この程度の糖質量でも立派に生きていけるという意味では貴重な実録(?)。


●糖尿病専門医にまかせなさい
日本では数少ない、カーボカウントを推奨する糖尿病専門医の本。我々カーボカウンターの心の支えとなる一冊です。


●主食を抜けば糖尿病は良くなる 実践編
やはり2型糖尿病患者であるお医者さんの書いた本。炭水化物が血糖値に及ぼす影響を理論的にわかりやすく解説してくれています。


●毎日の食事のカロリーガイドブック
日常よく口にする食べ物のカロリーはもちろん、炭水化物量までが写真と共に明記された、カーボカウンター必携の一冊。


●カーボカウント完全ガイド
カーボカウンティングの本場、アメリカの糖尿病協会から出版されたガイドブック。カーボカウントのすべてがこれ一冊で分かります。


●わたしはこうして糖尿病患者を救っている
糖尿病で失明する患者を数多く診てきた眼科医が書いた本。高炭水化物食を平気で勧める日本の糖尿病医療を厳しく批判しています。


●糖尿病最初の1年
アメリカの2型糖尿病患者が書いた本。糖尿病の主治医は自分であるという発想がいかにもアメリカ的。カーボカウントと血糖自己測定を基本とした最強の患者学が語られています。