カーボカウントな日々

血糖値を上げるのは炭水化物(カーボ)です。炭水化物さえ摂らなければ血糖値はほとんど上がりません。 今、世界の糖尿病治療は、食事の炭水化物をコントロールするカーボカウンティングが主流となっています。

ロッス・チョコレート

2007 - 06/18 [Mon] - 00:10

糖尿病用を謳ったスイーツの中で、唯一イケると思ったのがロッスチョコレートです。大豆で作ったというクッキーやケーキも食べてみましたが、基本的に甘さが足りません。

choco.jpg

糖質はわずか2gしか含まれないというこのチョコレート、一般のチョコレートに比べてもまったくひけをとらない甘さとコクがあるのです。食べた後、心にはびこる罪悪感はまさに本物です。

ということで、こんなにも甘いチョコレートが本当に血糖値をあげないか実験してみました。

chocodata.jpg

ひと袋を一気食いして、食後1時間および2時間値が110台というのは、糖尿病用としては十分合格点です。ただ、糖質2gにしてはちょっと上がり過ぎかなという気がします。

chocoseibun.jpg

日本語のシールに隠れた本来の成分表にはこうありました。

chocoeng.jpg  全炭水化物 19g
-食物繊維 3g
-マルチトール 14g
=有効炭水化物 2g


マルチトールはまったく吸収されないという前提のようですが、実際には多少は吸収されます。個人差もあるようですが、最大10g近くの糖質は影響するると考えたほうがいいかもしれません。それでも、この美味しさを考えれば十分合格ですけどね。

次はこれとかこれなんかを実験してみたいと思います。

 





 コメント

ベルギー無糖チョコ

 私も ベルアルトで実験しました。トラックバックしましたが、成分表示がないので価値がないと判断されるなら削除していただいてかまいません。
 データは、いろいろあった方が役に立ちます。そちらからもついでの時に、私の方にトラックバックしてください。お手数ですが、URLは下記の通りです。
 
 http://analog-network.cocolog-nifty.com/diabetes/2007/02/post_b416.html

YCATさん

トラバ初体験なのでうまくいったかどうか…。

YCATさんも同じような実験をやっていたんですね。
この実験でわかったのは、マルチトールもけっこう吸収されるのかもということです。2時間値もこれだけ高いというのは、吸収遅延効果でしょうか。

あと、食べて2・3時間経って、ものすごい量のおならが出ました。これもおそらく、マルチトールのせいですよね。仕事中とか外出時だとけっとう大変なことになりそうな予感でした。

カステーラさんへ

こんにちは、京都高雄倶楽部のあらてつです。
ブログ中で、糖質制限食普及センターにリンクを貼っていただき、ありがとうございました。
さてロッスチョコレートに使われているマルチトールですが、個人差はありますが砂糖の1/3から半分血糖値を上げてしまいます。実は、製造元のデータは、健康な方で測定した結果で、糖尿病の方のデータではなかったのです。高雄病院で江部康二先生、その他糖尿人で実験したところ、上記のような結果が出ました。
糖アルコールで糖尿病の方の血糖値に影響を与えないのは、今のところエリスリトールだけです。輸入元から製造元にエリスリトールに切り替えられないのか聞いてもらったのですが、その後返答がないところをみると、どうも難しいようです。
おそらく、エリスリトールでは甘さが足らないのだと思われます。

あらてつさん

コメントありがとうございます。

糖尿病用のスイーツって、2通りのアプローチがあると思うんです。一つは、血糖値には影響を与えないことを優先して甘さを追及していく。もう一つは甘さを犠牲にしないで血糖値を抑える努力をする。

私は、できれば後者のほうがありがたいので、ロッスのチョコも今のままでいいです。

こいういう糖尿病患者も多いということを、今後の製品開発の時にちょっと心に留めておいていただけると嬉しいです。



砂糖不使用のチョコレート

はじめまして。
突然の横レス、失礼いたします。

砂糖を使っていないチョコレートを探して、こちらにたどりつきました。この2年ほどでチョコレートをたらふく食べて、そろそろ糖尿が不安になっています。

昨日(11月12日)、ジャスコで「砂糖不使用、カカオ70%」の原産国フランス プーラン ビターライトという板チョコを見つけました。こちらのサイトでも紹介されています、マルチトールが使われているため甘みも十分ではないかと思います。でもやっぱり、あまり食べすぎはよくないのでしょうね。ほんとに、ほんとに自分を律して、体重も、脂肪も、体によくないものは落としたいと思う毎日です。

白ごはんさん

情報ありがとうございます。

そのビターライトという板チョコ、たぶんロッスのものと同じようなコンセプトの製品なんでしょうね。
ロッスのチョコも非常に濃厚だけど、お値段もかなり濃厚なんですよね。
そこがひとつのネックなんですが、ビターライトはいくらぐらいなんでしょう。

ロッスは砂糖ゼロでも血糖値の上がり方から、砂糖換算で10g程度の炭水化物は含まれているようです。やはり大量摂取はだめですよ。

記事でも書きましたが、血糖値が治まったら、甘い物への欲求も急激になくなりました。今はチョコレート1枚はかなりきついです。昔はいくらでも行けたんだけど。

肥満からインスリン抵抗性が高まると、糖を摂っても摂っても吸収されないので、甘い物欲しさの無限連鎖がはじまります。糖尿病になる前に体脂肪を減らして、ぜひこの連鎖を断ち切ってください。

ご無沙汰しました

5ヶ月ぶりです!!
その間に早生まれのわたくしめは定期健康診断がありました。「何かあるかもしれない・・」的中し、胆のうにポリープができておりました。ああっ・・・(あるHPで、日本人で胆のうポリープができる割合は4%と、「少なくもない」と紹介されていましたが、やはり気持ちいいものではありません。)

さて、初めて書き込みいたした折の「プーラン ビターライト」は、先日、商品棚を見ましたら取り扱いがなくなっておりました。ちなみにあのとき購入した価格は398円でした。

そのかわり、
な、な、なんと!!「ロッス チョコレート」が置かれているではありませんか!!それも1本が348円です(@@)
ミルク、アーモンド、ビター(でしたか)の3種類ありました。もう、驚きました。今度の20日ジャスコデーに5%オフで購入しようと狙っております。先日は、とりあえず1本ミルクを買いました。

追記です。

>肥満からインスリン抵抗性が高まると、糖を摂っても摂っても吸収されないので、甘い物欲>しさの無限連鎖がはじまります。糖尿病になる前に体脂肪を減らして、ぜひこの連鎖を断ち>切ってください。

ありがとうございます。
検診結果が出るまで、正直申しまして大変不安でした。
今なら数値で出ておりませんし、ほんの少しの我慢で連鎖を断ち切れるはず・・かと思います。ロッスチョコレートも「どうしても食べたいとき」のため。でも、そのときも1口づつにします。


白ごはんさん

コメントありがとうございます。

そうですか、ロッスのチョコ見つけてしまいましたか。(笑)
確かに普通のチョコと比べれば血糖値は上がりにくいですが、
カロリーはしっかりあるので、食べすぎはダメですよ。v-392

私も糖尿病になったばかりの頃はやはり甘いものが恋しくて、
無糖チョコやダイエットコークなんかをよく口にしてましたが、
今はそういうこともまったくなくなりました。
きっと連鎖が断ち切れたんですね。

ポリープ、心配ですね。
手術とかの必要はないのでしょうか?
どうぞお大事にしてください。

こんばんは。

夜の散歩に出てみました。(ちなみにネット上のです。)
こんなことも久々です。

「連鎖」でつれあいのことを思い出しました。
そうそう、そうだったなあと。
4年ほど前になるかと思いますが、きっと本格的に糖尿病が始まった
頃だったのでしょう。新婚のころ、糖尿の予備軍でした。

人によっていろんな初期症状があるのかもしれませんが
(あとになってかなり「だるくて起きていられなかった」とも
言っていましたが)腰痛をかなり訴えていましたね。でも
仕事が忙しいから・・・と、なかなか病院に行かないので
見かねて整形外科を予約して、受診させたところ
血液検査ですぐに「内科に行ってください!」と言われまして
その足で、かかりつけ医を受診しましたら「開業以来、最悪の
数値」と言われました。

そういえば、夜、「あ、チョコレートを買ってきたんだー。明日
私ももらおう」と思っていると翌日には「食べちゃったよ」と
それまでアーモンドチョコ1箱なんて一晩のうちに食べるひとじゃ
なかったので、いまだに強烈な記憶なんですけどね。

私もこの2年がそうでした。
胆のうポリープは、4人の医師の所見を聞きましたが
いますぐどうという心配はなさそうです。でも、1年も待たずに
エコーを受けて急激な変化がないかどうかは調べるつもりです。

カステーラさん、ありがとうございます。

「カーボカウント」がコンセプトですのに
“白ごはん”でちょっとKYチックだったのですが
最期になにか食べられるものがあったら何かを考え
(昔ならメロンパンだったかな。)白米が頭に浮かびました。

いまは発芽玄米と精米を半々で食べています。
玄米100%のときもあったのですが毎回ポロポロは
続かなくて^^;;

また追記(訂正?)

「その足で、かかりつけ医を受診しましたら「開業以来、最悪の
数値」と言われました。」

かかりつけ医師は、「子どもの」とすべきでした。(先生の名誉のため)
でも、ここからつれあいのかかりつけにもなったわけでして。

いまはたいした病気もなく、受診することはめっきりなくなりました。

白ごはんさん

散歩の行きと帰り、2度も立ち寄っていただきありがとうございます。(笑)

開業以来最悪!って、どのくらいだったんでしょう? 
ヘモ値15%とか?

私は糖尿病発覚時9.2%でしたが、それでも甘いものが欲しくて欲しくて、娘とお菓子の取り合いでした。大人げないのは分かっていても、どうしようもありませんでした。そういう病気なんですよね。

むかし、深夜番組で『人生最後の食事』っていうのがあったんですが、白いごはんが食べたいって人、結構多かったですね。そんな日本人にカーボカウントなんて無理だ、というお医者さんもいますが、命には代えられません。

私もこのブログを始めたとき、一番食べたいものがカステラだったんです。砂糖と小麦粉をかためた、血糖値よどこまでも飛んでけ~っていう感じの食べ物ですよね。

聞いておけばよかったです。

こんにちは。
ヘモ値、聞いておけばよかったです。

>そういう病気なんですよね。

そうなんですよね。
恐ろしいです、本当に。何ヶ月たったのか
気づいたら夫は本来の体型に戻り、スッキリしていたのですが
糖尿病が進行していて体重が減っていただけでした。だから
甘いものを摂っても摂っても・・だったのですね。

その数ヶ月後の定期健康診断で便潜血で再検査となり
結果、悪性だったんです。
いまは部屋の片隅に彼の使っていた血糖値を測定する
キッセイのキットが置いてあります。

『人生最後の食事』って、観た記憶がないのですが
私もきっとどこかで聞いたことがあったのだと思います。


いま、義理の姉が大腸がんの術後で、定期的に検査を
受けていますが、読んだ本の知識を教えてくれます。
それによりますと、日本人はやはり和食がいいのだとか。
「お箸の国の人」を感じます。^^


糖尿病の食事の本を見ますと、あれはまさに健康食ですよね。
あのように三度・・は無理でも、朝と晩くらいは近づけたいものだと
思う毎日です。

カステーラさんのハンドルネームの由来もそちらからだった
のですね。ザラメのついたのなんておいしいですよね。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

バレンタイン

私も父が糖尿でロッスのチョコなら良いとお医者さんに言われたそうです。普段は我慢しているのですが、バレンタインならせっかくだしと思い探していると、カバリアというマルチトール商品でトリュフタイプになっているのを発見。これなら一日一粒とか食べやすいし、プレゼントにもいい感じ。と思いました。こちらの皆さんにも是非と思いましてカキコしました♪
楽しく糖尿病ライフをお過ごしくださいませ。
http://shop.ikyu.com/shMain/shItemDtl.asp?shopId=500497&itemNo=10005394

ほのとちびさん

紹介していただいたサイト見てきました。
美味しそうですね。
マルチトールをつかっているということで、ロッス同様、血糖値はそれほど上がらないんじゃないかと思います。

私が糖尿病と判ったののが2年前の2月。直後のバレンタインデーにチョコを2片食べただけで血糖値が200を超え、もう一生チョコレートは食べられないんだと、絶望的になったのをよく覚えています。

今は膵臓もだいぶ元気になり、普通のチョコレートも平気で食べてますけどね。

それにしても、あんな素敵なチョコをもらえるお父さんがうらやましいです。




コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://castela.blog104.fc2.com/tb.php/29-443bfaa9

無糖チョコ検証

 成分表示がない(´ヘ`;) それじゃ血糖値を測定する意味がない。まあ、カーボ

 | HOME | 

プロフィール

カステーラ

Author:カステーラ
東京都在住、61歳。
2007年2月、糖尿病発症。
現在、服薬なしでカーボカウンティングという食事療法を実践中。
「カーボカウントってなに?」という方は、まずこちらから。

ヘモグロビンA1c(体重・BMI)推移
2007年2月:9.3%(64kg・22.9)
2007年3月:7.5%(62kg・22.2)
2007年4月:6.0%(60kg・21.5)
2007年5月:5.3%(58kg・20.8)
2007年6月:4.8%(57kg・20.4)
2007年7月:5.1%(57kg・20.4)
2007年8月:4.8%(57kg・20.4)
2007年9月:5.0%(58kg・20.8)
2007年10月:5.0%(57kg・20.4)
2008年1月:5.3%(56kg・20.1)
2008年5月:5.2%(56kg・20.1)
2008年7月:5.3%(55kg・19.7)
2008年10月:5.2%(58kg・20.8)
2009年1月:5.2%(58kg・20.8)
2010年7月:5.4%(58kg・20.8)





人気の糖尿ブログは
こちらに揃っています。
     ↓
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 病気ブログ 生活習慣病(成人病)へ

管理者ページ

QRコード

QR

最近の記事


▼全ての記事を表示する

最近のコメント

カテゴリ

月別アーカイブ

関連サイト・ブログ

ブログ内検索

RSSフィード

おすすめ書籍

●カーボカウンティング実践ガイド
日本人の医師と栄養士と患者が書いた、“初の”と言っていい真のカーボカウンティングガイド。どちらかというとプロ、マニア向け。


●低糖質食の威力
やはり糖尿病を発症したお医者さんの書いた本。なぜ糖尿病になった医師はみな、学会のガイドラインを無視してローカーボに走るのでしょうか?


●糖質ゼロの食事術
炭水化物(糖質)はほとんど摂らないというお医者さんの本。この程度の糖質量でも立派に生きていけるという意味では貴重な実録(?)。


●糖尿病専門医にまかせなさい
日本では数少ない、カーボカウントを推奨する糖尿病専門医の本。我々カーボカウンターの心の支えとなる一冊です。


●主食を抜けば糖尿病は良くなる 実践編
やはり2型糖尿病患者であるお医者さんの書いた本。炭水化物が血糖値に及ぼす影響を理論的にわかりやすく解説してくれています。


●毎日の食事のカロリーガイドブック
日常よく口にする食べ物のカロリーはもちろん、炭水化物量までが写真と共に明記された、カーボカウンター必携の一冊。


●カーボカウント完全ガイド
カーボカウンティングの本場、アメリカの糖尿病協会から出版されたガイドブック。カーボカウントのすべてがこれ一冊で分かります。


●わたしはこうして糖尿病患者を救っている
糖尿病で失明する患者を数多く診てきた眼科医が書いた本。高炭水化物食を平気で勧める日本の糖尿病医療を厳しく批判しています。


●糖尿病最初の1年
アメリカの2型糖尿病患者が書いた本。糖尿病の主治医は自分であるという発想がいかにもアメリカ的。カーボカウントと血糖自己測定を基本とした最強の患者学が語られています。