カーボカウントな日々

血糖値を上げるのは炭水化物(カーボ)です。炭水化物さえ摂らなければ血糖値はほとんど上がりません。 今、世界の糖尿病治療は、食事の炭水化物をコントロールするカーボカウンティングが主流となっています。

アルコールと食後血糖値・最終章

2015 - 12/13 [Sun] - 13:22

糖尿病になる前はコーラが大好きでした。深夜、無性にコーラが飲みたくなり、近くの自販機に走ることもしょっちゅうでした。

糖尿病になってからは普通のコーラはほとんど飲んだことがありません。コーラを含む甘い炭酸飲料の飲みすぎで糖尿病になったと、ほぼ確信しているからです。

というわけで、アルコールと食後血糖値の関係を探る実験、最終章はコーラに決定です。

1日目はコーラにウイスキーを入れたいわゆるコークハイで血糖値の推移を計測。コーラだけの2日目と比較してみました。

最初は1回に500ml飲む予定でいたのですが、実物を目の前にしたら怖気づいてしまい、急遽、350mlに減量。それでも果糖ブドウ糖液糖+砂糖で、糖質40gです。

1日目はウィスキー45ml(大匙3杯)にコーラ350mlを加えたものを15分かけて摂取しました。

コークハイ


その血糖値推移がこれ。

コーク推移1

さすが砂糖水、30分で一気にピークまで上りつめています。



2日目はコーラだけ350mlを、これまた15分かけて投入。

コークハイ2


血糖値の推移はこれ。

コーク推移2

やはり30分後には170近くまで行くものの、60分後には125にまで下がっているのがコークハイとの大きな違いです。そして120分後には反応性低血糖。

グラフにすると一目瞭然ですね。

コークグラフ

食後30分と120分の値はそれほど変わりませんが、60分と90分では明らかにアルコール入りのほうが数値が高くなっています。

以前、砂糖水で実験したときも、2日目のコーラだけのグラフと同じような推移を示しています。

砂糖グラフ

つまり、30分後には急激に上がって、60分から90分にかけては急激に下がるというのが砂糖(≒果糖ブドウ糖液糖)による血糖値の推移なのに、コークハイではそうなっていないとうのは、おそらくアルコールが糖の代謝に何らかの影響を及ぼしたものと思われます。

ということで、少なくても私の体の中では、「食事中のアルコールは食後血糖値を高める」を結論にしたいと思います。





 コメント

こんにちは。アルコール実験シリーズお疲れ様でした。
うーん、ちょっと考えさせられる結果でした。
私は、作用機序をあまりよく理解せず、何となく漠然と糖新生との関係で
食事中のアルコールも血糖値上昇に抑制的にはたらくと思い込んでおり、
糖質オフ月〇冠や赤ワインなどを少量頂いていました。
カステーラさんのように厳密に比較実験をしたことはないのですが、
ちょこちょこ測定する限りでは、確かに、夕食時にお酒を頂いても
血糖値上昇抑制効果は大して感じられないなあ、と感じていたところでした。
さて、まだ1パック残ってる糖質オフ月〇冠、どうしましょ!?

>えりのすけさん

アルコールの利用効率を70%とすると、今回のウィスキーは約100kcalとなります。糖質に換算すると25g分ですよね。本来なら最優先で消費されるはずの糖質25gが、アルコールのせいでしばらくの間、血液中に漂い続けるわけです。当然その分、血糖値は上がる理屈ですよね。

ただ、アルコールによって糖新生が抑制されるのも事実です。そのプラスとマイナスがどっちに転ぶのか、どうしても調べてみたくて今回の人体実験です。

おそらくチーズやサラミと一緒に水割りを飲む人の血糖値は下げますが、饅頭と一緒に日本酒を飲む人の血糖値は爆上げ、というのが真相なのでしょう。

どっちにしても、私みたいになんとか騙しだまし糖質を丸め込みたい派には、アルコールは向かないみたいです(笑)。

こんばんは。
更にわかりやすい解説、ありがとうございました。
なるほど、食事の時のアルコール摂取は、血糖値抑制の面ではマイナスの影響がプラスを上回りがちということですね。
少し話がずれますが、当初より私がこちらのブログに大きな関心を持ったのは、その「騙しだまし糖質を丸め込みたい」という考え方に共感したからなんです。ある意味、1食15gぐらいの糖質摂取に抑えるなんてことは(特に私のように自分で調理できる立場にある主婦にとっては)案外容易なんですよね。でもそうじゃなく、手変え品変え、あらゆる手練手管を駆使して、食後血糖値を抑えつつ出来る限り糖質を上手に摂ろうとする、その野心的な目論見に強く惹かれたんです。
というわけで、今後ともよろしくお願いします。

今回の実験はあくまで「私の体の中では」というのと、「ワインや水割り1杯程度では」という条件の下での結果なので、めちゃめちゃ酒に強い人とか、もっと大量に飲んだ場合については不明です。

私の場合は流行りの「糖質制限」ではなく、時代遅れの「カーボカウント」ですから(笑)。糖質を限りなくゼロにするのが一番簡単だけど、親や先生の目をかいくぐって、なんとか悪さをしたい少年の心で、今もカーボを求め続けてるのかもしれません(^^;

コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://castela.blog104.fc2.com/tb.php/163-531cf68b

 | HOME | 

プロフィール

カステーラ

Author:カステーラ
東京都在住、61歳。
2007年2月、糖尿病発症。
現在、服薬なしでカーボカウンティングという食事療法を実践中。
「カーボカウントってなに?」という方は、まずこちらから。

ヘモグロビンA1c(体重・BMI)推移
2007年2月:9.3%(64kg・22.9)
2007年3月:7.5%(62kg・22.2)
2007年4月:6.0%(60kg・21.5)
2007年5月:5.3%(58kg・20.8)
2007年6月:4.8%(57kg・20.4)
2007年7月:5.1%(57kg・20.4)
2007年8月:4.8%(57kg・20.4)
2007年9月:5.0%(58kg・20.8)
2007年10月:5.0%(57kg・20.4)
2008年1月:5.3%(56kg・20.1)
2008年5月:5.2%(56kg・20.1)
2008年7月:5.3%(55kg・19.7)
2008年10月:5.2%(58kg・20.8)
2009年1月:5.2%(58kg・20.8)
2010年7月:5.4%(58kg・20.8)





人気の糖尿ブログは
こちらに揃っています。
     ↓
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 病気ブログ 生活習慣病(成人病)へ

管理者ページ

QRコード

QR

最近の記事


▼全ての記事を表示する

最近のコメント

カテゴリ

月別アーカイブ

関連サイト・ブログ

ブログ内検索

RSSフィード

おすすめ書籍

●カーボカウンティング実践ガイド
日本人の医師と栄養士と患者が書いた、“初の”と言っていい真のカーボカウンティングガイド。どちらかというとプロ、マニア向け。


●低糖質食の威力
やはり糖尿病を発症したお医者さんの書いた本。なぜ糖尿病になった医師はみな、学会のガイドラインを無視してローカーボに走るのでしょうか?


●糖質ゼロの食事術
炭水化物(糖質)はほとんど摂らないというお医者さんの本。この程度の糖質量でも立派に生きていけるという意味では貴重な実録(?)。


●糖尿病専門医にまかせなさい
日本では数少ない、カーボカウントを推奨する糖尿病専門医の本。我々カーボカウンターの心の支えとなる一冊です。


●主食を抜けば糖尿病は良くなる 実践編
やはり2型糖尿病患者であるお医者さんの書いた本。炭水化物が血糖値に及ぼす影響を理論的にわかりやすく解説してくれています。


●毎日の食事のカロリーガイドブック
日常よく口にする食べ物のカロリーはもちろん、炭水化物量までが写真と共に明記された、カーボカウンター必携の一冊。


●カーボカウント完全ガイド
カーボカウンティングの本場、アメリカの糖尿病協会から出版されたガイドブック。カーボカウントのすべてがこれ一冊で分かります。


●わたしはこうして糖尿病患者を救っている
糖尿病で失明する患者を数多く診てきた眼科医が書いた本。高炭水化物食を平気で勧める日本の糖尿病医療を厳しく批判しています。


●糖尿病最初の1年
アメリカの2型糖尿病患者が書いた本。糖尿病の主治医は自分であるという発想がいかにもアメリカ的。カーボカウントと血糖自己測定を基本とした最強の患者学が語られています。