カーボカウントな日々

血糖値を上げるのは炭水化物(カーボ)です。炭水化物さえ摂らなければ血糖値はほとんど上がりません。 今、世界の糖尿病治療は、食事の炭水化物をコントロールするカーボカウンティングが主流となっています。

ローカーボパスタ

2008 - 12/24 [Wed] - 16:18

アメリカのローカーボ・フード・シリーズ、第2弾はDreamfieldsのスパゲッティです。

ドリームフィールズ

成分表に記載された炭水化物量は1人前(56g)当り41gですが、外箱の説明によると、特殊な方法で食物繊維と蛋白質をブレンドすることで、炭水化物の吸収を妨げるため、実際には約5gしか消化されないとあります。

1人前56gとありましたが、これはもしかしたら料理の付け合わせとして使ったりする場合の量かもしれません。スパゲティをスパゲティ料理として食べるにはあまりにも少ないと思ったので、実験は80gで行いました。

味付けは市販のタラコソースを使い、トータルカーボ量は約60g。ただし、実際に吸収される(とされる)カーボ量は8g程度と思われます。

ローカーボパスタ


味は普通のスパゲッティとまったく変わりません。ローカーボ製品にありがちな大豆臭やグルテン臭もなく、デュラムセモリナ独特の歯ごたえもしっかりありました。味覚、食感ともに完全に合格です。

で、問題の血糖値はこんな感じでした。

血糖値推移

カーボ量8gにしては結構上がるなという感じですが、食後90分で食前値を下回りました。普通、スパゲッティは血糖値の上昇は緩やかなものの、なかなか下がらないのですが、これはストンと上がってストンと下がる、スパゲティらしからぬ反応です。



比較のために、普通のスパゲティも80gで血糖値の推移を測ってみました。市販のペペロンチーニソースとあわせてカーボ量は約60gです。

普通のスパゲティ

血糖値の推移はこんな感じでした。

血糖値推移

ピークはそれほど高くはないものの、いつまでもだらだらと下がらないというのは、パスタやラーメン、カレーなどによく見られるパターンです。

二つのパスタの血糖値をグラフにしたのがこれ。

血糖値グラフ

ローカーボパスタの方が、明らかに血糖値への影響は少ないですが、メーカーの言うように、一食分5gしか吸収されないというのは、多少、オーバーかなという気がします。

しかし、味はまったく普通のパスタと変わりないので、多少なりとも血糖上昇が少ない分、糖尿病患者には非常に有難いのですが、問題は送料を含めると1箱かるく1000円を超えてしまうこと。アメリカではスーパーなどで2ドル45セント(220円ほど)だというのに。

折しも、日清からカップヌードルライトが発売になりました。ノンフライ麺による脂質カットに加え、麺に食物繊維を挟み込むことでどうやら糖質もカットしているようです。食品のローカボ化ってことに、日本の企業ももうちょっと真剣に取り組んでもいいのではないでしょうか。将来的な需要はぜったいにあるはずですから。


⇒ ローカーボ食品の個人輸入代行はこちら





 コメント

グリーンのパスタ

ほうれん草を練りこんだグリーンのパスタありますよね。
ああいう物でも普通のパスタより血糖値上げないのでしょうか?
パスタと繊維質の多い野菜を食べるでも多少は違うのでしょうね。

お手ごろ価格で糖質の少ない食材が手に入ると助かりますよね。
最近はイベント続きで糖質の多い物を浴びるように食べたり飲んだりでちょっと反省してます。
糖尿病予備軍は大勢居るはずですね。私も気を付けないと。

これが噂のパスタですね!
味も普通のパスタと変わりないとは驚きです!
もっと手軽に手に入れることができると良いのに…。
需要はありますよね。

先日、銀座のアイコニックというお店で抵糖質ランチコースを食べました。
パスタも出ましたが、パスタ!でした。
つるっと、きし麺風。
おいしかったです。
小麦粉から糖質をできる限り取り除いてできた粉から作られている、との説明でした。

ファビノール

カステイラさんいつも有益な情報ありがとうございます。! (*^ - ^*)ゞ ポリポリ

DHCからファビノールというでんぷんの吸収を阻害するタイプのサプリメントが出ました。高い物ではありません。

これが,実際にご飯や麺を食べる時にどれくらいの効果があるかぜひテストに加えて欲しいと思っております。

薬ではなくサプリで血糖値を少しコントロール出来るとなればこれもまた価値があるかと思いました。


人気があります

はじめまして。
いつも更新を楽しみにしています。

アメリカに住んでいますが、このスパゲティや同じシリーズのペンネなど、人気があるようです。

近所のスーパーで、通常2個5ドルで売っているのですが、2個4ドルのセール期間中は、このコーナーのパスタだけごっそりと減っていました。人気があるというか、常食している人が多いようです。たしかに普通のパスタと同じようにおいしいですよね。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

あけましておめでとぅござぃます☆

カステーラさんお久しぶりです☆測定器は 今どれにしようか悩んでます

カステーラさんまた教えていただきたぃ事があるのですがメタボリックシンドロームと糖尿予備軍(境界型)ゎどぅちがうのですか??

ナターシャさん

ほうれん草を練りこんだパスタですか?
繊維質が多い分だけ吸収に時間がかかるので、
血糖値の上昇は少なくなるとは思うのですが、
実際の数値としてどの程度になるのかはわかりません。

ただ、ちょっと前のADAの記事によると、
同じ炭水化物量なら繊維量より、GI値に気を配る方が血糖値のコントロールには有効というデータもありました。

私自身の感覚からいっても、繊維が血糖値を下げるという感覚はあまりありません。

トキコさん

そうなんです。
これが噂のパスタなんですが、
思ったほど血糖値の上昇が抑えられるというわけでもなさそうです。
もし、トキコさんも興味があればサンプルを送りますが、どうします?

銀座の低糖質ランチですか?
うーん、高そうだけど機会があればトライしてみたいですね。

ギター講師さん

ファビノールって、一時期テレビで話題になった白いんげんなんですね。
たぶん、αグルコシダーゼ阻害薬と同じで、炭水化物の吸収を悪くするってことなんだと思うけど、
薬と比べてその効果はどうなんでしょうね。

今度機会があったらぜひ実験してみたいと思います。

アメリさん

あのパスタが1箱2ドルですか?
僕は1箱1000円で買いましたよ。
日本はまだまだローカーボの需要はないですからね。
ローカロリーやローファットはけっこうあるんですけどね。
このブログも日本のメーカーを動かす力に少しでもなればいいのですが。

☆さん

人間はカロリーを摂り過ぎると内臓の周りに脂肪が溜まります。この内臓脂肪はさまざまなホルモンを出して、高血糖や高血圧や高脂血症を引き起こすことが最近分かってきました。
この内臓脂肪を原因とする体の変調をひっくるめてメタボリックシンドロームというわけです。
ですから、糖尿病やその手前の境界型も、メタボリックシンドロームの中のひとつというわけです。

血糖測定器はどれもそれほど大差はないと思いますが、僕が使っているアキュチェックアビバもなかなかいいですよ。数値が安定してますし、チップも安いです。

http://www.kyoto-wel.com/item/IS81136N01233.html?PSID=88f3e10fb09e70378bc99701f49578a7

↑ここなら、スタートキットが8500円ですね。

実験しました

パスタサンプルありがとうございました。
遅くなりましたが本日測定してみました。

低糖質パスタ50g
パプリカ・玉ねぎ・菜の花その他調味料(糖質5g以下)
オリーブオイル

食前…66
0.5H…103
 1H…140
1.5H…165
 2H…164
2.5H…167
 3H…154

ダラダラ下がりませんでした。
本物のパスタを50g食べたら200超えは必至ですので
こんなものなのかもしれません。
味は本当、遜色ないですね。
御馳走様でした!

トキコさん

実験お疲れ様でした。
もしかして13 aprile で調理してもらったのかな?

あのパスタ、本物っぽさってことでは合格なんだけど、ローカーボを謳うほど血糖値があがらないってことはなさそうですね。
私はすっきり下がりましたが、トキコさんの場合はなかなか下がらなかったようだし。

菜の花のバスタ大好きです。あそこに行けば、いつでも食べれるのかな?

コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://castela.blog104.fc2.com/tb.php/105-b2d061b7

 | HOME | 

プロフィール

カステーラ

Author:カステーラ
東京都在住、61歳。
2007年2月、糖尿病発症。
現在、服薬なしでカーボカウンティングという食事療法を実践中。
「カーボカウントってなに?」という方は、まずこちらから。

ヘモグロビンA1c(体重・BMI)推移
2007年2月:9.3%(64kg・22.9)
2007年3月:7.5%(62kg・22.2)
2007年4月:6.0%(60kg・21.5)
2007年5月:5.3%(58kg・20.8)
2007年6月:4.8%(57kg・20.4)
2007年7月:5.1%(57kg・20.4)
2007年8月:4.8%(57kg・20.4)
2007年9月:5.0%(58kg・20.8)
2007年10月:5.0%(57kg・20.4)
2008年1月:5.3%(56kg・20.1)
2008年5月:5.2%(56kg・20.1)
2008年7月:5.3%(55kg・19.7)
2008年10月:5.2%(58kg・20.8)
2009年1月:5.2%(58kg・20.8)
2010年7月:5.4%(58kg・20.8)





人気の糖尿ブログは
こちらに揃っています。
     ↓
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 病気ブログ 生活習慣病(成人病)へ

管理者ページ

QRコード

QR

最近の記事


▼全ての記事を表示する

最近のコメント

カテゴリ

月別アーカイブ

関連サイト・ブログ

ブログ内検索

RSSフィード

おすすめ書籍

●カーボカウンティング実践ガイド
日本人の医師と栄養士と患者が書いた、“初の”と言っていい真のカーボカウンティングガイド。どちらかというとプロ、マニア向け。


●低糖質食の威力
やはり糖尿病を発症したお医者さんの書いた本。なぜ糖尿病になった医師はみな、学会のガイドラインを無視してローカーボに走るのでしょうか?


●糖質ゼロの食事術
炭水化物(糖質)はほとんど摂らないというお医者さんの本。この程度の糖質量でも立派に生きていけるという意味では貴重な実録(?)。


●糖尿病専門医にまかせなさい
日本では数少ない、カーボカウントを推奨する糖尿病専門医の本。我々カーボカウンターの心の支えとなる一冊です。


●主食を抜けば糖尿病は良くなる 実践編
やはり2型糖尿病患者であるお医者さんの書いた本。炭水化物が血糖値に及ぼす影響を理論的にわかりやすく解説してくれています。


●毎日の食事のカロリーガイドブック
日常よく口にする食べ物のカロリーはもちろん、炭水化物量までが写真と共に明記された、カーボカウンター必携の一冊。


●カーボカウント完全ガイド
カーボカウンティングの本場、アメリカの糖尿病協会から出版されたガイドブック。カーボカウントのすべてがこれ一冊で分かります。


●わたしはこうして糖尿病患者を救っている
糖尿病で失明する患者を数多く診てきた眼科医が書いた本。高炭水化物食を平気で勧める日本の糖尿病医療を厳しく批判しています。


●糖尿病最初の1年
アメリカの2型糖尿病患者が書いた本。糖尿病の主治医は自分であるという発想がいかにもアメリカ的。カーボカウントと血糖自己測定を基本とした最強の患者学が語られています。