カーボカウントな日々

血糖値を上げるのは炭水化物(カーボ)です。炭水化物さえ摂らなければ血糖値はほとんど上がりません。 今、世界の糖尿病治療は、食事の炭水化物をコントロールするカーボカウンティングが主流となっています。

ローカーボ・パンケーキ【追記あり】

2008 - 12/09 [Tue] - 23:34

あるコミュニティでローカーボ・パンケーキミックスをいただけることになりました。アメリカ製で、1回4枚分のカーボ量がわずか6g。原料は小麦グルテンとコーンスターチとのことです。

焼き上がったのは直径15センチほどのパンケーキが3枚。森永あたりのホットケーキミックスと比べるとかなりズッシリ感があります。これは卵2個が効いてるのかも知れませんし、粉自体のタンパク質含有量が多いのかも知れません。以前、糖質制限ドットコムから取り寄せた大豆フィナンシェに似た感じです。

パンケーキ

パンケーキミックス自体の血糖値への影響を調べるため、今回はシロップをかけずに、バターのみで頂きました。パンケーキとして食べるとかなり味気ないのですが、朝食のパン代わりとしては十分いけると思います。3枚焼いて、とりあえず2枚食べようと思ったのですが、1枚半でギブアップしました。摂取カーボは3gということになります。

で、血糖値はこんな感じ。糖尿病食としては十分合格のレベルです。

血糖値推移

それにしてもアメリカには、ローカーボを謳った食品が実に豊富に出回っています。これはアメリカ糖尿病協会がカーボカウントを正式に有効な食事療法と認めているからだと思います。それに引き換え、日本の糖尿病学会はいまだにカロリー至上主義ですから。

【追記】

どうせなら普通のパンケーキとの比較をしてみようと、森永ホットケーキミックスによる血糖測定も行いました。

森永ホットケーキ

こちらの摂取カーボ量は約75g。なんと、ブドウ糖負荷試験の糖質量と一緒です。

血糖値の推移はこうなりました。

血糖値推移

ローカーボパンケーキミックスと森永ホットケーキミックスの血糖地変化をグラフにしたらこうなりました。

血糖値グラフ

その差は歴然と言う感じです。


⇒ ローカーボ食品の個人輸入代行はこちら





 コメント

おぉ!これは朝食にちょうど良いですね♪
朝でなくとも小腹がすいたときにもよさそうです。

そういえば昨日だったか某コミュでアメリカの低糖質パスタが紹介されていました!本当に豊富ですね~。
いずれはアメリカのように是非とも出回って欲しいですね♪

とはいえ、僕にとっては「今」が大事ですから、個人輸入には疎いのですが、こうなると自分で個人輸入して購入することも勉強したくなってきました。

1枚半でギブアップですか?
私は3枚いけそうな気がしまーす!
おいしそうです♪

最近、夏のknackeさんのオフ会で行ったお店(http://www.eatpia.com/13aprile/index.html
によく行っているのですが、
低糖質スイーツ(ラカントで)まで作って頂いているんですよ。
そしてついに低糖質パスタまで試作段階に!
オフ会のときのコースも素晴らしかったですが、パスタ&スイーツがついたら最強です!

またのオフ会の時はぜひ!

はじめまして

はじめまして。たるるん30と申します。
糖尿病の夫が半年前から糖質制限食を始め、いわれるままに食事を作ってきました。
数値がよくなり、1か月ほど前から私も糖質制限の本を本格的に読み、勉強しつつ料理を作り始めました。
夫の場合、いわゆるスーパー糖質制限食にしているのですが、
長期的な体への影響など、不安に思いつつ、試しているところです。
で、カステーラさんのブログにたどり着きました。
カーボカウント・・・糖質制限と、似ていて非なるものなんですね~。
またまた勉強することが増えました(@_@;)
参考にさせて下さいm(__)m
また おじゃまします。

ご無沙汰してます!
アメリカ発の低糖質食品、気になったまま放置してきたのですが、
記事を見てワンクリック購入する決心をしました。
クリスマスには糖質制限ドットコムのケーキを注文しました。
旦那とケーキ1ホールで買って食べるなんて諦めてたのに・・・う、うれしい。クリスマスが楽しみです(^^)

>チョイマルオヤジさん

アメリカはローカーボ食品が本当に豊富ですね。
日本はなんでもローカロリーだけど、ローカロリーなんて食べる量をちょっと減らせば済むことなんですよね。

個人輸入とは言っても、早い話が海外の通販で物を買うって事なんですが、問題は送料なんです。2000円位のものを買っても、送料が7000円ぐらいになるらしいです。
だから、やるなら共同購入かなんかで大量に買い付けるしかないんだけど、それをやろうとすると結局、商売みたいになっちゃうしね。
難しいところです。

>トキコさん

私も2枚はいけると思ったんですが、やっぱりグルテンは噛みごたえもあるし、腹にも響くような気がします。
オフ会のとき、トキコさんからいただいたケーキみたいなものなら、いくらでも行けるんですけどね。

ところで、オフ会で行った店、今度家族で行こうと思ってるんだけど、なかなか機会がなくて。
低糖質パスタといえば、今度いい物を仕入れたので、良かったらトキコさんにもお分けしますよ。
血糖値がどの程度になるか、ぜひ実験してみてください。


>たるるん30さん

初めまして。
コメントありがとうございます。

ブログも拝見しました。糖尿病歴10年との事、その間の変遷も興味深く読ませていただきました。

マクロビオテックも流行というか根強い人気がありますが、私はかなり懐疑的です。特に、人間の歯の数を持ち出すあたりが。肉食の犬や猫だって、犬歯の数は4本ですから。(笑)

糖質制限とカーボカウントは、基本的な考えは同じだと思っています。どちらも、血糖値をコントロールするには、炭水化物のコントロールが最も重要であるという考えです。

しかし、糖質制限はできることなら糖質はなるべく食べないような生活をしようということだと思うのですが、カーボカウントは逆に、できるだけたくさんの炭水化物を食べれるようにするにはどうしたらいいかを探る食事法だと思うのです。だから、食後の運動は大切だし、血糖値の測定は必須です。

あとは、動物性蛋白質を大量に摂ることの不安ですが、炭水化物を減らした分、脂質を増やすというのが基本だと思うのです。で、その脂質をいかに良質なもので補うかということなのですが、なかなか理想どおりにはいかないですね。

>GUMIさん

お久しぶりです。

アメリカ発のローカーボ食品、ちょっと評判のパスタをゲットしたので、今度また実験結果を報告しますね。

糖質ドットコムのケーキですか。いいですね。
我が家のクリスマスはたぶん市販のチーズケーキです。
これなら、一切れ二切れ食べても、それほど血糖値は上がりません。
食後2時間のインスリンピークのどさくさに紛れて食べるのがコツですが。(笑)

ワンクリック購入でもしなんかいいものがあったら、ぜひ知らせてください。

はじめまして。私は35歳のよしみと申します。
実は先日会社の健康診断でHba1cが5.9で要精密検査とありました。医者へ行き、次回ブドウ糖負荷試験をやれと言われています。
色々調べているうちこちらのブログにめぐり合いました。

試験が怖いので私も自宅でなんちゃって負荷試験をやったところ、
空腹時84 30分177 60分194 90分143 120分    でした75gでなく50gで試したので、75gならもっと高い数字ですよね。
30分でも60分でも1度でも200を超えたら糖尿の判断なんですよね?
なんとかせめて境界型であってほしいと思いましたがこの数字ではやはりすでに糖尿病ですよね。
運動嫌いで食べることが唯一の楽しみのようなものだったので、
これから一生運動と食事制限を続けなければならないのはつらいです。
血糖値を測る機械をすぐに買って調べてるのですが、私は空腹時と
2時間後は悪くなく、食事によって30分、1時間後に200近くいってしまいます。
炭水化物はなるべく控えていて、そのときはそれほど高くならないのですが、昼、幕の内弁当でご飯を半分残しても180近くになります。
運動でなんとかなるでしょうか?
もっと炭水化物を減らすべきでしょうか?
長々と質問して申し訳ありません

追加です。
120分は 120です
申し訳ありませんでした

>よしみさん

初めまして。
コメントありがとうございます。

なんちゃって負荷試験やったんですね。(笑) 50gにしたあたりは賢明だたかもしれません。75gも飲むとあまりの甘みで気持ち悪くなりますから。

で、結果なんですが、まだ糖尿病といえる状態ではないと思います。

一応、日本の基準では負荷試験の2時間値が200を超えていると糖尿病ということになります。30分値や1時間値は考慮しません。

よしみさんの場合、1時間値は200に近い値ですが、2時間では十分に下がっています。もし、75gのブドウ糖だったらもうちょっと高かった可能性もありますが、場合によってはインスリンが過剰に分泌される分、もっと下がってた可能性もあります。

いずれにしても、2時間で200を超えたとは思えません。場合によってはギリギリ境界型、もしかしたら正常型かもしれません。しかし、耐糖能に異常があることは確かなわけで、ここで見つかったのは非常にラッキーだったといっていいと思います。

確かに、これから一生運動と食事に気をつけなければいけないというのは重荷ですが、糖尿病の人でも、境界型の人でも、正常の人でも、食事と運動に気をつけなければ、どんどん崖っぷちに追いやられていくことに違いはありません。転落までどれだけ余裕があるかの違いだけです。

とにかく、炭水化物の量に気をつけながら食後の血糖値をあげないようにするのと、なるべく歩いてインスリンの感受性を良くすることで、今のA1cを4%台に落とすのはそんなに難しいことではないと思います。

まずは、2ヵ月後の検査で5%台前半を目標にしてみてはどうでしょうか?

羨ましいですね

二度目のコメントです。

某コミュで私もお裾分けいただきました。
パンケーキはカステーラさんだったんですね。
あまり血糖上昇しなかったようですが、同じものを食べても私ならもう少しあがりそうです。

日本でも低糖質食品が(今のブームのような形でなく)普及する日がくるといいなと思います。

カステーラさん。
早速のご返答ありがとうございます。
丁寧な回答本当に感動です。
随時血糖値が200だと糖尿病の判定になると聞いたので
30分でも60分でも200を超えてしまうと糖尿の判定になると思っていました。
いずれにしろ、高血糖であることは間違いないので、とにかく数値を下げられるように頑張ります。
色々本や体験談を読んでいるのですが、カステーラさんの実践されている方法が一番納得できます。
このブログに出合えてよかったです。
これからもよろしくお願いいたします。

いい物♪

わぁ、いい物?低糖質パスタですか?
ありがとうございます!
ぜひ分けてください!!
実験結果、還元(!?)させて頂きます!

>トキコさん

先日ちょっと試食してみた分には、味はまったく普通のパスタでした。
量はちょこっとだったので、食後血糖値の判断はつきませんでしたが、アメリカでの評判はかなり良かったです。
まだ、手元に着いてないので、来たらぜひ試してみてください。

>よしみさん

随時血糖値っていうのは、たまたま測った血糖値ってことですが、食後2時間以内は随時血糖とは言わないと、どこかで読んだ気がします。

どっちにしても、随時血糖値が1回200を超えてただけで、糖尿病と診断するお医者さんはいないと思います。空腹時の血糖値をみたり、OGTTやA1cの値を総合して判断するはずです。

確かに、随時血糖値の200っていうのは、かなり曖昧な判断ですよね。

>みずえさん

2度目のコメントありがとうございます。
調べたら9月にコメントいただいてますね。(^^)

みずえさんはパスタだったんですね。
あの血糖値の上がり方なら合格だと思います。

パンケーキは確かに血糖値は上がらないのですが、
味は普通のパンケーキとはかなり違うものです。
はじめからああいう食べ物だと思えばいいんでしょうが。

もう一種類、別のローカーボミックスもいただいたので、とりあえずそっちに期待です。

共同購入、実現するといいですね。

はじめまして。
「主食を抜けば・・・」を読んで、糖質制限食を始めて2週間の52歳、yoshimiと申します。
食後血糖値がガツンと上昇する私は、糖質を制限するしかないと納得しつつも、不安やとまどいを感じていました。炭水化物をきちんと食べ、肉は控え、魚は多く、野菜や豆類はたっぷり、それが身体によいと思ってずっと生きてきたわけで、頭の切り替えがなかなかできないでいました。本当にこれで大丈夫? と思っていた時に、ここを発見!実際に実行している方の情報は本当に役立ちますし、心の支えになります。
これからもよろしくお願いいたします。

yoshimiさん

はじめまして。
コメントありがとうございます。

私たちの世代は長い間、「脂肪は悪」という刷り込みがされてきたので、
肉も脂も食い放題といわれても、どうしても心のどっかにひっかかりはありますよね。

しかし、国内外のいろんな研究データをみても、高炭水化物食より、高脂質食の方がいろんな面でメリットがあることは確かなようです。
もちろん、脂質の質(不飽和脂肪酸より一価不飽和脂肪酸を多く)にこだわることと、あまり極端な炭水化物排除に走らないことは必要だと思いますが。

どちらにしても、仲間がいるというのは心強いものです。これからも、よろしくお付き合いください。




> はじめまして。
> 「主食を抜けば・・・」を読んで、糖質制限食を始めて2週間の52歳、yoshimiと申します。
> 食後血糖値がガツンと上昇する私は、糖質を制限するしかないと納得しつつも、不安やとまどいを感じていました。炭水化物をきちんと食べ、肉は控え、魚は多く、野菜や豆類はたっぷり、それが身体によいと思ってずっと生きてきたわけで、頭の切り替えがなかなかできないでいました。本当にこれで大丈夫? と思っていた時に、ここを発見!実際に実行している方の情報は本当に役立ちますし、心の支えになります。
> これからもよろしくお願いいたします。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://castela.blog104.fc2.com/tb.php/104-a8569617

 | HOME | 

プロフィール

カステーラ

Author:カステーラ
東京都在住、61歳。
2007年2月、糖尿病発症。
現在、服薬なしでカーボカウンティングという食事療法を実践中。
「カーボカウントってなに?」という方は、まずこちらから。

ヘモグロビンA1c(体重・BMI)推移
2007年2月:9.3%(64kg・22.9)
2007年3月:7.5%(62kg・22.2)
2007年4月:6.0%(60kg・21.5)
2007年5月:5.3%(58kg・20.8)
2007年6月:4.8%(57kg・20.4)
2007年7月:5.1%(57kg・20.4)
2007年8月:4.8%(57kg・20.4)
2007年9月:5.0%(58kg・20.8)
2007年10月:5.0%(57kg・20.4)
2008年1月:5.3%(56kg・20.1)
2008年5月:5.2%(56kg・20.1)
2008年7月:5.3%(55kg・19.7)
2008年10月:5.2%(58kg・20.8)
2009年1月:5.2%(58kg・20.8)
2010年7月:5.4%(58kg・20.8)





人気の糖尿ブログは
こちらに揃っています。
     ↓
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 病気ブログ 生活習慣病(成人病)へ

管理者ページ

QRコード

QR

最近の記事


▼全ての記事を表示する

最近のコメント

カテゴリ

月別アーカイブ

関連サイト・ブログ

ブログ内検索

RSSフィード

おすすめ書籍

●カーボカウンティング実践ガイド
日本人の医師と栄養士と患者が書いた、“初の”と言っていい真のカーボカウンティングガイド。どちらかというとプロ、マニア向け。


●低糖質食の威力
やはり糖尿病を発症したお医者さんの書いた本。なぜ糖尿病になった医師はみな、学会のガイドラインを無視してローカーボに走るのでしょうか?


●糖質ゼロの食事術
炭水化物(糖質)はほとんど摂らないというお医者さんの本。この程度の糖質量でも立派に生きていけるという意味では貴重な実録(?)。


●糖尿病専門医にまかせなさい
日本では数少ない、カーボカウントを推奨する糖尿病専門医の本。我々カーボカウンターの心の支えとなる一冊です。


●主食を抜けば糖尿病は良くなる 実践編
やはり2型糖尿病患者であるお医者さんの書いた本。炭水化物が血糖値に及ぼす影響を理論的にわかりやすく解説してくれています。


●毎日の食事のカロリーガイドブック
日常よく口にする食べ物のカロリーはもちろん、炭水化物量までが写真と共に明記された、カーボカウンター必携の一冊。


●カーボカウント完全ガイド
カーボカウンティングの本場、アメリカの糖尿病協会から出版されたガイドブック。カーボカウントのすべてがこれ一冊で分かります。


●わたしはこうして糖尿病患者を救っている
糖尿病で失明する患者を数多く診てきた眼科医が書いた本。高炭水化物食を平気で勧める日本の糖尿病医療を厳しく批判しています。


●糖尿病最初の1年
アメリカの2型糖尿病患者が書いた本。糖尿病の主治医は自分であるという発想がいかにもアメリカ的。カーボカウントと血糖自己測定を基本とした最強の患者学が語られています。