カーボカウントな日々

血糖値を上げるのは炭水化物(カーボ)です。炭水化物さえ摂らなければ血糖値はほとんど上がりません。 今、世界の糖尿病治療は、食事の炭水化物をコントロールするカーボカウンティングが主流となっています。

血糖値の劇的改善法

2008 - 11/01 [Sat] - 12:53

私の糖尿病が発覚して、もうすぐ2年が経とうとしています。その間、現実の社会やネットを通して、いろんな糖尿病患者を見てきました。中には漫然と薬を飲み、食べ物には気をつけているといいながら、ヘモグロビンA1cが7%台、8%台のままという人もいます。しかし一方では、薬に一切頼らずヘモグロビンA1cをきっちり4%台、5%台に維持している人も珍しくありません。

そういった優良患者は、だいたい3つのパターンに分かれるようです。

①20kg、30kg単位での大幅な減量を成し遂げた人
そもそも標準体重を20kgも30kgもオーバーしている人は、そこまで太れるだけの十分なインスリン分泌能力があるということです。インスリンはたっぷり出るけれど脂肪細胞がパンパンで、これ以上、糖を受け入れる余裕がないために高血糖が解消されないのです。こういう人が肥満を解消すると、血糖値は見事に下がります。

②中毒と言えるほど運動に没頭している人
糖尿病をきっかけに運動療法を始め、やがて体を動かす喜びに目覚めてしまう人は結構多いです。特にジム通いながら、ランニング、スイミング、エアロビクス等の有酸素運動に取り付かれたように没頭していく人たちは、みるみる血糖値を下げてしまいます。これは運動による体脂肪の減少に加え、筋肉増強によってインスリン感受性が大幅に向上するからです。

③炭水化物の摂取を徹底して控えた人
炭水化物を摂らなければ、食後の血糖値はほとんど上がりません。ですから、これまで血糖値を下げようとフル稼働だったすい臓に十分な休養を与えることができるのです。また、体脂肪の多くは余ったブドウ糖が変化したものなので、その元となる炭水化物を控えることで、減量効果も生まれます。そのため、血糖値は面白いように下がります。


糖尿病(あるいは予備軍)の診断を受けたら、最初の半年がものすごく重要です。肥満があれば、とにかく減量する。常に体を動かし続ける。そして、炭水化物の量を控える。糖尿病がまだ初期であれば、この3つの方法でヘモグロビンA1cは必ず基準値の5%台に下がるはずです。

この時点で一度5%台に下げてしまうと、その後一生続く血糖値のコントロールはものすごく楽になります。一緒に頑張りましょう。





 コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

はじめまして
”炭水化物を摂らなければ、食後の血糖値はほとんど上がらない”のですか?初めて知りました。
私は糖尿病の気は全くないのですが、読んでいていろいろ勉強になりました。

その通りですね!

お久しぶりです。

私の場合は、②と③ですが、②が濃いですね(笑)!
皆さん、そうおっしゃると思います…。

私も、確かに、食べ物に気をつけているといいながら、漫然と薬を飲み続けてきました。

現在、薬なしといっても、さすがに病歴が長かったですから、A1cは6%台前半が精一杯です…。

カステーラさんのように、早い段階からカーボカウントという管理法を取り入れることができれば、その後のコントロールに余裕が持てたと思います。

おっしゃる通りです。

一人でも多くの方が「事実」を受け止め、「自己管理型療法」への気付きを持っていただきたいですね。

私は、これからも、ますます②でいきますよ(笑)。

シニアさん

炭水化物が血糖値を上げるっていうのは生理学の基本中の基本なんですが、お医者さんでも知らない人があまりに多いです。
砂糖や白米、小麦粉などの精製された炭水化物が血糖値を乱高下させ、それが動脈硬化をもたらすということを、医者も患者ももっと真剣に考える必要があると思っています。

shoさん

お久しぶりです。
ブログの方はときどき覗かせていただいていましたが。

shoさんの運動量にはいつも感心させられていましたが、中毒的なレベルだったとは…。(笑)

糖尿病というのはなり始めであれば減量と運動と食事で、十分コントロールできるものだということを、お医者さんも認識する必要があると思います。薬というのは、そういう努力をしたくないという人の最後の手段であるはずなのに、あまりに簡単に処方しすですね。

お互い、その生きた見本となるために頑張りましょう。(笑)

匿名さんへ

> 1ヶ月半で8キロの減量に成功しました本当にぁりがとうござぃます

素晴らしいですね。炭水化物を控えると、体重はみるみる減ります。脂肪が蓄積されないとか、脂肪をもやして必要なエネルギーをまかなうからとか、いろいろあると思いますが、血糖値の乱高下による異常な食欲がなくなるのも原因だと思います。

> ここ最近また 体重が停滞してしまってなかなか脱け出せません

食欲の秋というのもあるかもしれません。私も最近、体重は微増傾向ですから。まあ、秋は炭水化物が出回る季節、冬の飢餓に備えて体が体脂肪を蓄えようとしてるのかも知れませんね。

> 食生活をみなぉしだしてから 前と比べ少し便秘ぎみなんですそれに抜け毛が多くなった気がします。

炭水化物を控えると食物繊維の摂取が減るので、便秘になる人はいるようです。糖質の少ない野菜類を豊富に食べるようにするといいかもしれません。

あと、抜け毛ですが、私もここ数年、髪の腰がなくなったような気がします。これは老化もあるかも知れないですが、糖質制限と関連があるような気もします。ただし、江部先生のブログでは糖質制限で髪が太くなったという話がありました。
もしかしたら、急激な減量によるホルモンバランスの崩れが抜け毛につながったってこともあるかもしれませんね。

はじめまして

はじめまして、というよりご無沙汰してますでしょうか?初めて、カステーラさんのブログじっくり拝見させていただきました 。以前は、全く余裕がなかったということがよくわかります。今回のテーマを拝見させていただき、私の場合は、すべて当てはまる気がします。約50キログラムのダイエット、極端に運動に没頭している昨今、最初の頃の極端に炭水化物を含めた食事制限。最初、カーボカウントに反発していましたが、よく振り返ると、理に叶っていたのでしょう。約3ヶ月で正常値に収まった(HbA1c5.5)ことはよく覚えています。現在は4.5~4.8を行ったり来たりです。また機会がありましたらお邪魔させていただきます。

>鶴田オーさん

まさかここでお会いできるとは思いませんでした。

私は糖尿病というのは、発症当初であれば、きちんとした運動療法と食事療法で、かならず標準値に収まるのではないかと思っています。

課題はいかにβ細胞の負担を軽くしてやるかで、そのためには、「痩せる、運動する、食べない」ということに尽きるのではないでしょうか。まさに鶴田方式そのものです。

一番いけないのは、運動や食事はほどほどに、漫然と薬(特にSU薬)を飲み続けることです。これを数年やるとβ細胞は回復不能なほど、ダメージを受けます。

インスリン注射も一時的に血糖値を下げるためにはいいのですが、SU薬同様、肥満を増長します。やはり痩せないと本当の意味でβ細胞を休ませることにはなりません。

鶴田さんは克己心による糖尿病克服のお手本のような人なので、ぜひ、あとから続く糖尿病患者の啓蒙に努めてください。

ただし、カーボカウントへの批判はほどほどにお願いします。(笑) 

はじめまして

はじめまして、ブログちょくちょく拝見させていただいております。
2型が発覚して5ヶ月目のホランと申します。

いきなり不躾な質問で申し訳ないのですが記事中の

>糖尿病(あるいは予備軍)の診断を受けたら、最初の半年がものすごく重要です。

この半年というのはどういう基準というなのでしょうか?
異論があるとかそういうのではなくただただ素朴な疑問というか質問です。

>ホランさん

初めまして。
コメントありがとうございます。

最初の半年というのは、とくに深い意味はないんです。これが3ヶ月でも1年でもいいのですが、血糖値を下げるにしても、体重を落とすにしても、だいたい半年ぐらいが目安になるのと、そのぐらいならモチベーションも続くんじゃないかと思ったからです。

糖尿病というのはある日突然なるものではなく、発症の10年ぐらい前から、少しずつ糖の代謝が狂って来る病気です。そして、この高い血糖値が何年も何年も継続することがいろんな合併症につながるのです。長い糖尿病歴の一時期、血糖値をきちんと下げてしまうことは、高血糖が継続することの弊害を一度リセットするぐらいの強い力があると私は思っています。

以前、アメリカでDCCTという糖尿病患者を対象とした大規模な臨床試験が行われたのですが、この調査でも、一度厳格な治療で血糖値を下げた患者は、その後また血糖値が上がっても、合併症のリスクは少ないままだったという結果が出ています。

また、早期の厳しい血糖コントロールは糖尿病患者に長期的な有益性もたらすというデータもあります。
http://www.dm-net.co.jp/healthdayjapan/2008/09/10.html
http://www.dm-net.co.jp/healthdayjapan/2008/08/12.html

糖尿に気付かないうちは仕方ないですが、気付いたらとにかく一度正常に戻してしまう。それが、その後の糖尿病のコントロールをものすごく楽にすると私は思っています。

お返事ありがとうござます

こんばんは。
カステーラさん詳しい説明と資料ありがとうございます。
私はBMI30超えの2型なので体重とHbA1c値(今年8月発覚時10.2→12月現在6.6にやっとなったところです)を早く正常に戻さないといけないのですが
体重のほうがなかなか思うように減らず気持ちばかり焦ってしまい上記のような質問をしてしまいました。
あれからカステーラさんおすすめの本のうち4冊を早速注文し今日届いたので今から必死に読み勉強しようと思っています。また覗きにきます。ありがとうございました。

>ホランさん

4か月でA1cが10.2→6.6ってすごいじゃないですか。
きっと、食事と運動を頑張ったんだと思います。
血糖値でそこまで変化が出たのなら、体重もきっと下がると思いますよ。

私自身の経験でいえば、炭水化物の多い食事はすぐにお腹がすくし、
いくらでも量を食べることができます。
でも、脂肪の多い食事はなかなかお腹が空かないうえに、
そんなに量を食べることができません。
もちろん、個人差や年齢的なものもあると思いますが。

お勧めの本、どのようなものを買われたのかはわかりませんが、
何か成果があったらまた教えてください。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://castela.blog104.fc2.com/tb.php/101-45bec7da

 | HOME | 

プロフィール

カステーラ

Author:カステーラ
東京都在住、61歳。
2007年2月、糖尿病発症。
現在、服薬なしでカーボカウンティングという食事療法を実践中。
「カーボカウントってなに?」という方は、まずこちらから。

ヘモグロビンA1c(体重・BMI)推移
2007年2月:9.3%(64kg・22.9)
2007年3月:7.5%(62kg・22.2)
2007年4月:6.0%(60kg・21.5)
2007年5月:5.3%(58kg・20.8)
2007年6月:4.8%(57kg・20.4)
2007年7月:5.1%(57kg・20.4)
2007年8月:4.8%(57kg・20.4)
2007年9月:5.0%(58kg・20.8)
2007年10月:5.0%(57kg・20.4)
2008年1月:5.3%(56kg・20.1)
2008年5月:5.2%(56kg・20.1)
2008年7月:5.3%(55kg・19.7)
2008年10月:5.2%(58kg・20.8)
2009年1月:5.2%(58kg・20.8)
2010年7月:5.4%(58kg・20.8)





人気の糖尿ブログは
こちらに揃っています。
     ↓
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 病気ブログ 生活習慣病(成人病)へ

管理者ページ

QRコード

QR

最近の記事


▼全ての記事を表示する

最近のコメント

カテゴリ

月別アーカイブ

関連サイト・ブログ

ブログ内検索

RSSフィード

おすすめ書籍

●カーボカウンティング実践ガイド
日本人の医師と栄養士と患者が書いた、“初の”と言っていい真のカーボカウンティングガイド。どちらかというとプロ、マニア向け。


●低糖質食の威力
やはり糖尿病を発症したお医者さんの書いた本。なぜ糖尿病になった医師はみな、学会のガイドラインを無視してローカーボに走るのでしょうか?


●糖質ゼロの食事術
炭水化物(糖質)はほとんど摂らないというお医者さんの本。この程度の糖質量でも立派に生きていけるという意味では貴重な実録(?)。


●糖尿病専門医にまかせなさい
日本では数少ない、カーボカウントを推奨する糖尿病専門医の本。我々カーボカウンターの心の支えとなる一冊です。


●主食を抜けば糖尿病は良くなる 実践編
やはり2型糖尿病患者であるお医者さんの書いた本。炭水化物が血糖値に及ぼす影響を理論的にわかりやすく解説してくれています。


●毎日の食事のカロリーガイドブック
日常よく口にする食べ物のカロリーはもちろん、炭水化物量までが写真と共に明記された、カーボカウンター必携の一冊。


●カーボカウント完全ガイド
カーボカウンティングの本場、アメリカの糖尿病協会から出版されたガイドブック。カーボカウントのすべてがこれ一冊で分かります。


●わたしはこうして糖尿病患者を救っている
糖尿病で失明する患者を数多く診てきた眼科医が書いた本。高炭水化物食を平気で勧める日本の糖尿病医療を厳しく批判しています。


●糖尿病最初の1年
アメリカの2型糖尿病患者が書いた本。糖尿病の主治医は自分であるという発想がいかにもアメリカ的。カーボカウントと血糖自己測定を基本とした最強の患者学が語られています。